FC2ブログ

深夜にこんばんは。

201902トリス
今日のスタートに飲んだ久しぶりのトリス、美味しいです♡


この後ろに映り込んでいるのは麦茶ポットです。

我が家では一年中麦茶を冷蔵庫に入れているのですが(夏場は2ポット、冬場は1ポット)、その一つの蓋が先日開かなくなりました。もう2~3日放置したのですが時間が経ったからといって開くわけもなく・・・(ティーバッグも入れっぱー)

開かないポット開かない麦蓋




知っていること、調べたものであらゆる手を尽くしましたがびくともせず、このままでは捨てられないし、仕方なくぶっ壊しました。

ぶっ壊ポット


使いやすかったんだけどなーこのポット。
また買わなければなりません。



さてそんな私は、今週3連休したのですがその中の一日、友人の「いつも可愛いシンディちゃん」とモーニングというかブランチというか、しました。
入ったの何年ぶりだっけ?ってぐらい久しぶりのロイホです。

キャンモー1902キャンモー201902



デザートまで食べつくしました。

キャンモ201902

私はキャラメルなんとかのブリュレ、シンディはSNSで話題沸騰らしきイチゴのブリュレです。

パリパリの上部がたまらなく美味しかったです。

ロイホって高めのイメージありますがこれ全部食べて1500円でした。モーニングってお得ですね!
(また行こ~シンディ!!)

いつも可愛いシンディとは最近お互いお休みが合わずあまり以前ほど会えなくなってしまいましたが、‘久しぶり感’はありません。
楽しい気持ちにさせてくれていつも感謝しています。
ちなみに‘いつも可愛いシンディ’っていう長めの形容詞付きなのはシンディからの指令です。といっても読んでくれてるか分かりませんが!!



さてそして、今日(というかもう昨日)の土曜日は休み明けでパートへ出たのですが。

仕事中、‘ちょっと今席を外している’状態の上司の方へ用があり、部署内の固定電話から電話しようかと思ったのですが同僚さんが「今これでかけちゃうから話してもらえます?」ってLINEで電話かけてくれて自分のスマホを私に手渡してくれました。

でもその相手が出なかったんで、勝手に「ちょっと書いて送っちゃいますね」って言いながら借りているスマホでそのまま(ほんとにちょっとの用だったので)ライン打っていたら、スマホ貸してくれた方が

「あ、予測変換で変なの出たらどうしよう」

と言ってて。
なるほど~、人に貸すときはそんな心配がありましたっけねと笑いました。
普段人に貸さないし貸してもらうこともないので思い至りませんでした。若干反省。笑




話は又我が家に飛びます。なんかほんとに思いつくまま書いていてまとまりなくてすみません。(書くこと考えてからブログを開けって思いますよね。思うんですけどね、いつもこうなってしまいます。)

また小4の娘の話ですが、もうすぐ来月に小学校は春休みになるので、またお友達と観られる映画でもあるといいねーなんて話していたんですが。
友人のキンプリファンのきいちゃんから聞いた映画が9月に公開だそうで、それを娘に伝え(娘もそのキンプリの人が今一番ものすごく大好きなので)、

「9月にはその映画誰かと観られるといいね」

と言ってあげたところ、

「9月にまだ好きならね。今はすっごい観たいけど」

との驚くべき答えが返ってきました。
9月って結構すぐそこですけど?自分は気が変わりやすいってことを自覚しているところは素晴らしいですがなんだか寂しいですね。こんなに好きなのに半年後には冷めてる可能性あるのか?!

誰に似たんだか。
私も芸能人コロコロ好きな人変わりますけどちゃんと大好きになったらそうそう冷めないのにな。
増えてくなら分かりますが、飽きて次の人へ、ってなると、実生活で前途多難な気がして怖いです。

小4ですからね。まだ本当の愛を知らないだけですね。(←ウザウザ!!すみません)


明日の(今日の)日曜日は
「確定申告書類を完成させるデー」
です。がんばります。



訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


2019.02.24 Sun l 日記 l コメント (8) l top
「LOVERS」 江國香織 谷村志穂 島村洋子 他著





9人の著者の短編です。


・突然知り合って燃え上がったカップルはこうなりそうだな、という気がする、
「ほんものの白い鳩」 江國香織


・25歳上の男の人と自由気ままに付き合う女の子、
「横倒し厳禁」 川上弘美



・付き合っている彼がその友達の彼女に惚れているのを嫉妬する、
「キャメルのコートを私に」 谷村志穂


・不倫相手の男がガラスのペーパーウェイトを収集している意味を深読みする、
「ウェイト・オア・ノット」 安達千夏


・中学を卒業する際‘同窓会委員’になってしまった男女の元クラスメイトが会えそうでなかなか再会できない、
「七夕の春」 島村洋子


・バーテンの若く美しい男に惚れた堅い学校の女先生が恨みを晴らそうとする、
「聖セバスティアヌスの掌」 下川香苗


・中学の時の同級生の家を探す、
「水の匣」 倉本由布


・旅先で知り合った猫のような男の子が家に住み込んでくる、
「旅猫」 横森理香


・妻子のいる会社の上司と付き合い、今度こそはと薬指への指輪を待ち続ける、
「プラチナ・リング」 唯川恵


どれもまあまあ面白いですが、
「七夕の春」
「キャメルのコートを私に」
の2つが好きでした。


かる~く何処からでも読めますので短編お好きな方にはそこそこお勧めです。






さて、、、

うちの子たちの小学校では毎年小4の時に「二分の一成人式」みたいな類の「学習発表会」があります。

先日、末娘の発表会があり、我が子は音楽チームで「Lemon」を演奏しましたが結構ガチャガチャでお世辞にも上手いとは言えず。(ピアノ伴奏の子は光ってましたけど。笑)

そしてこの発表会では最後に学年全体で合唱をして終わるのですが歌った曲は「ひまわりの約束」でした。
事前にそう聞いていたので

「えー泣きそうだなあ。その歌だけで泣きそうだなあ」

なんて思っていました(何故か分からないですが私は子供たちの合唱とか群読に弱くて見ず知らずの子達のものでもウルウルしがちなので)。

で、娘達が全体で歌った「ひまわりの約束」、きれいでしたけど泣くどころか全然ウルッともきませんでした。
一体どうしたことでしょう。

というわけで感動はしなかった学習発表会ですが学年全部の子供達の成長が見られるので好きです。


帰宅した娘に「うまかったね」などありきたりな言葉をかけましたが娘は合唱で‘口パク’だったそうで・・。なんだよ口パクって・・。

「だって歌うの面倒臭いんだもん」だそうでなんともがっかりな娘でした。

小学生のうちは恥ずかしい顔になるぐらい一生懸命歌ってくれたらいいのにと残念でなりません。



またまた話は変わりますが私は昨日今日明日と3連休です。
朝洗濯ものを干していたら隣の奥さまに声かけられ、休みなのか聞かれたので、そうですと言ったら

「街へ出かけなさいよ!」

と言われました。
街ってどこなんだろう。駅前とかですかね??




訪問ありがとうございます。
あと少しで楽しい晩酌を!!
また来てください。
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村



2019.02.21 Thu l 小説(短編) l コメント (2) l top

「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎 著





アイネクライネとは・・

米津さんじゃないですよ!モーツァルトの曲名だったのですね。恥ずかしながら知りませんでした。聞いてみたらだれでも聞いたことのある有名曲ですね。




6話から構成されており、それぞれ話は違いますが全部が連鎖しています。

どれも楽しいですが、個人的には3話目‘ドクメンタ’の免許センターでの免許更新時に出会う2人の話が面白かったです。

全体に話も面白いですし、あの時のあの子が成長してこの人になったのかと経過まで楽しめたり、ああこの人があの人だったのね、という繋がりがちょっと映画を見ているようです。・・と思ったら秋に映画公開だそうです。

私の大好きな多部未華子とどうしても好きになれない三浦春馬が主演のようです。観ませんが!


そして作者の「あとがき」を読んで知りましたが、この本は斉藤和義さんが作者である伊坂幸太郎さんに

「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので‘出会い’にあたる曲の歌詞を書いてくれないか」

と持ち掛けてきたのがきっかけでこの中の最初の2編はできたものなんだそうです。
ありそうでなさそうな出会い方をした二組の男女がステキです。

読みやすい文体と愛すべき登場人物たちの物語、とってもお勧めの本です!



さて、、やっと週末ですね。

今年も過ぎ去ったバレンタイン、娘のチョコとパート先の方が作ったチョコを
載せさせていただき、終わります・・。


友チョコ用のカップケーキとパイ生地で作ったクロワッサンコロネみたいなものです。(動画見て作ってました)

2019バレンタイン




お父さん用にはコロネの方だけを!
2019父用バレンタイン



そして・・、パート先の方が手作ったというオレンジピールのチョコがけです。
部の方みんなに、とこんなに可愛い箱に入れてきてくださり、

手作りピールチョコ



シールも可愛い

手作りピルチョコ2



そして中身はなんとも素晴らしい!!

手作りピルチョコ3

美味しかったです!!売ってるのより美味しい!!
こういう状態のピールが売られているんだそうです。
そこにきちんと温度を上げ下げして滑らかにしたチョコをかけるのですって!

来年やってみようかな・・・

ちなみにこのチョコを作った方は2年前に花火でお邪魔させていただいたおうちの奥さまです。
過去記事
まったくもってご夫婦揃ってオシャレです。


みなさま、彼女や奥さまや娘や勤め先の女子や知らない女などからいただいたチョコを楽しまれたでしょうか。

昔から思っていましたが、ホワイトデーなんてものがなかったらいいのに。

それがなければもっとあげる人増えますよね?(そんなことないですかね??)

男の人もお返しなんて考えないなら面倒臭くないしもっと嬉しいですよね。

お返しなど要らないです、のスタンスでいけたら気持ちよくて楽しいのに!


では楽しい日曜日を。
私は今日は休肝日なので楽しい夜ではありません。

訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
2019.02.16 Sat l 小説(短編) l コメント (4) l top

ちょっとお久しぶりです。こんばんは。

赤い金麦


今日は美味しい金麦から始まり、ワイン、焼酎、ウィスキー、と今家にあるお酒をのらりくらりとしています。


寒い毎日ですがインフルや胃腸炎や流行っているもの皆さま大丈夫ですか?

うちも先日娘が結構長い時間の腹痛で、これはもしや胃では・・・と思ったものの一晩寝たらおさまったようです。


さてそんな小4の娘は我が家の子供達の中で唯一

「お外で元気に遊ぶ子」

なのですが、今日も放課後いつもの面々らしき友人たちと遊んでいたそうで。
いつも何して遊んでんだろな、と思うもののあまり聞いてもうるさいだろうと聞きたい気持ちを抑えています。

が、今日は珍しく娘の方から

「今日は色んな事して遊んだよ」

と話してきたので、

「へえー。例えば何したの?」

と聞くと、普通に‘何とか鬼’や長い階段で‘グリコ’やあと聞いてもよく分からない遊びを教えてくれたのですが、

「そうそう、恋バナもしたんだ。」

と言うので

「へえ。男の子たちも混ざって恋バナしたんだ?誰が好きだとかそういう話?それとも芸能人の話とか?」

と聞くと

「うんまあ、そういうのもあるけど、〇組の誰々が二股かけてる、とかそういう話」

と答えてきました。

「二股?!もう付き合ってる子いるんだ?」

と驚いて聞くと

「あ、二股じゃないのかな。二股ってどういう意味だ?」

と言われ

「2人と同時に付き合うことだよ」

と教えると

「あ、じゃあ違うか。好きな子が2人いる、っていう話」

だそうで。全然二股じゃないし。

「そんなこと言ったらあんたキンプリ(←ジャニーズの人)の中で既に二股かけてることになるじゃん!」

と言うと、

「いやいやいやいや、お母さん。芸能人とかは違うっしょ」

と真っ当な返答をくれました。そりゃそうでしたね。芸能人なんて言い始めたら私なんて二股どころか数股?かけてますけどね。

とにかく小生意気になってきたものです。


で、この度「二股ってなんだ」と聞かれたのでこの答えで良かったんだろうか、と一応検索してみたんですけど。
そんなこと小学生に正しく教える必要もないんですけど。

調べてたら下の方に次々出るじゃないですか、検索ワードが。
それで「二股 原因」だの「二股 結末」だの次々読んでて時間が過ぎ、だいぶ二股について詳しくなってきたところでハッとしました。

私いつまでもなにやってんだ?どんだけヒマなのか自分!
やらなきゃいけないことたくさんあるのに!!

下らないことで時間を奪われる検索って恐ろしいですね。
時間を無駄にしてしまいました。

そしてこんなどうでもいい話に付き合わせてしまい皆さまの時間も無駄にしてしまいました。すみません。

懲りずにまた来てください!!


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい。
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
2019.02.12 Tue l 子供 l コメント (4) l top
今年の私の劇場映画一回目は楽しみにしていたこちら!


「ミスター・ガラス」 M・ナイト・シャマラン監督
サミュエル・L・ジャクソン  ブルース・ウィルス  ジェームズ・マカボイ  

misuta-garasu.jpg




まあまあ面白かった!

ですが、、、
SPLITアンブレイカブルの続編になっていますこの映画、果たしてこの2作を観ていなくてはわかりにくいですし面白さ半減というか面白くないかもしれません。

アンブレイカブルとSPLITで強かったあの二人が対決したらどんな事態になるのか?…思わず考えてしまうところも、見せて楽しませてくれます。



さて、SPLITでヤバい奴だったケヴィン(写真の真ん中、オデコにシワシワしている男です)が又もや可愛い女子たちを監禁しているところから始まります。

そして変わらず強くて悪人から人々を助けてくれようとしているダン(右の帽子の男)、車いすで顔はぼんやり、話せないような状態の骨が脆いミスター・ガラス(左のモシャモシャ男)。

この3人はある精神科病棟みたいな閉鎖された密室建物内に閉じ込められ、ここで謎の精神科医と名乗る女たちに調べられ管理され、

「あんた達は自分らを特別な存在だと思ってんだろうけどそれ本気かい?よく考えてみ!あんたらの能力は思い込みだろ?」(口調は違います)

というようなことを彼らに話します。

ここから出られずイライラする2人ともう呆けたように何も機能していないかのようなミスター・ガラスさんはこの後この建物内でどうなっていくのか。
特殊能力は本当に思い込みや偶然だったのでしょうか。



途中重要人物でSPLITでメインだった女の子、ケイシーが出てきます。彼女のシーンなんかはもうSPLIT見てなかったらさっぱり分からないですね。見てるからこそのジワるシーンもあるのに。(いえ、泣けませんけどね)



全体的には面白かったけどなんとなく悲しいしラストも好きではないです。


前2作に比べたら全然です。

前作のまま(強いものは強いまま、分からないものは分からないまま、この後この人達どうするんだろう、のまま)でいた方が良かったかなとも思います。


というわけでもう劇場公開ほとんど終わりかけてますが、もしも見られる方いらっしゃいましたら、前2作の詳しいネタバレ記事をネットで読まれてから行くことをお勧めします。


さて話は映画から離れますが、先日ランチしたノモカさんから、私のこのブログを読んでいると

「家族がとても仲良しな感じがする」

と言っていただき、別の友人きいちゃんからも、これを読んでると

「ふゆこさんとと主人が仲いい夫婦だなあ!と思う」

と言われました。

で、この話を主人にしたところ(主人は私がブログを書いていることは知ってますが見たことありませんし教えていません)、

「話を偽造してるな」

と言われてしまいました。

私嘘は書いてないんですけど・・。おかしいなあ・・。

というわけでうちは仲良し家族でもなく夫婦仲も別に良くなかったみたいです。すみません。すみませんてこともないですかね?



今日は神奈川は雨でしたが今ようやく晴れてきました。

そろそろ重い腰を上げて何か家事をしなければなりません。


酒にはまだ早い時間ですね。もう少し耐えましょう。
訪問ありがとうございます。
良い晩酌を。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村





2019.02.06 Wed l 洋画 l コメント (6) l top
こんにちは。

今日の神奈川の暖かさ、もう夏の前触れだなと思いました。(もう一回寒くなるらしいけど)
大好きな冬は終わり、もうムシムシジメジメ、大気がユラユラする嫌~な夏がすぐそこですね。


久しぶりのランチ紹介を・・。

友人ノモカさんと大船で「昼飯&ちょっと酒」です。

2019.2ワインペコレッラ


ワインとサラダ(見れば分かる)




ペコレッラパスタペコレッラケーキ

こちらはシラスとカジキのパスタ、そしてデザートにベイクドチーズケーキまで食べました!!


とても感じのいいキレイなウェイトレスさんで居心地もよいです。
うまうま酒とご飯といつも楽しいノモカさんとの会話、幸せな時間でした。


大船駅からやや歩きますが、昼どきは予約必須のようです。


鎌倉市大船の、トラットリア・ペコレッラ


ノモカさんと、待ち合わせの前に駅ナカのコンビニでミンティアを買ったんですけど、

み


レジで

「フィルム剥きますか?」

って初めて聞かれました。
今どきそんなことまでしてくれるんですか?!
あれを買う時はたしかに今すぐ開けておきたいってことが多いし、剥くと小さいゴミ出ますので剥がしてくれて嬉しいですが。

この店ではそういう決まりなのか(そんなわけないか・・)、その店員さんがよく客に

「これ剥がしてよ」(こんなこと頼む人はきっとこんな口調)

と言われ続けてうんざりしていっそのこと自分から聞くことにしたのでしょうか。
混んでる時じゃやってられないですねー。




さて昨日は節分でしたね。

豆まき太巻き食べ、などされましたでしょうか。
我が家は今年は娘が作ってくれました。


太巻き準備2019太巻き

太巻きといっても単に太く巻いただけで中身はたまご焼きとキュウリとカニカマのみです。
でもうちでは十分でした!!ありがとう娘!



訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
2019.02.04 Mon l 日記 l コメント (6) l top
「誰かが歌っている」 トム・レオポルド著

誰かがう


面白かったー!!
なんとこちら、私が20年上前に読んでお気に入りだった小説

「君がそこにいるように」

の続編とのこと。

続編があるなんて全然知らずに生きてきてしまったのでこんなに長い年月を経て続編が読めて嬉しいです。(といっても前の話、好きだったシーンしか覚えてないんですけど)

この度読みました「誰かが歌っている」は、たしか作家の西加奈子さんがスマップの番組で内容をちょっと話していたことがあり、その時から本屋やネットでも探していたのですが買えず(ネットでも中古なのにバカ高い額でしたので)、諦めていました。

そして検索するうち、これがかつて読んだ本の続編だと知りますます読みたいと思っていました。
やっと普通の値段で買えました!!

図書館落ちの本で結構キレイじゃないですけど新庫の値段ぐらいで買いました。

darekaga.jpg

(きたなっ。これで2000円弱です。中身はちゃんと読めますのでオーケー)



内容ですが、、

主人公サンディ・バヤードが恋人にプロポーズするため、自転車でセントラルパークへ向かっている・・というところから軽快に始まり、そこに至るまで(であろうと思われる)、サンディの物語が始まります。

プロポーズ、というところからのスタートならば、そういう状況に結果的にはなるんだろうと思いながら読んでいました。

サンディは30代のローカルテレビ番組の人気キャスターでそこそこ女性からも人気があり、大好きな恋人ペグがいるけれど結婚はしたくない!自分はだれか一人のものになんて絶対ならない!もっともっと色んな子と遊びたいし!という、若くないのにチャラい(でも気のいい)男です。
金持ちで高級マンションに住んでいます。

そのサンディが一人で暮らす母に会いに行った際、自分が子供の頃に家政婦さんのような存在で家に来てくれていた、サンディにとって第二の母のような存在である大好きなアン(今はもう60代)のことを思い出し、電話をしてみます。


すると思いがけないことに

「もう私は元気なんかじゃない。すっかり病弱なおばあさんだよ」

と言われ、金が必要だと言われます。

サンディはそんなアンに金を工面してあげようと早速訪れて金をあげます。


さらに、心臓を患っているというアンに、サンディは自分のコネを使い、心臓の名医を紹介します。
そして手術してもらえることになるのですが、保険に入っていないアンの治療費は想像以上の莫大な額でした。

どうしたものか、と考えたサンディが思いつい名案は、母親以上の歳の差のある肌の色も違う黒人女性のアンと偽装結婚し、自分の保険で治療費を賄う、というものでした。

こんな案を思いつくのもステキだし、あんなに結婚しないと言っていた男が恋人でもない人と結婚し、彼女を救おうとするところがやはり愛すべきキャラクターだなあと。

そしてこのサンディは常に面白くて優しく、こんな状況でもそれは変わらないのです。


これの前編だった

「君がそこにいるように」

でもラストがステキでジワリと爽やかに感動し、なんてイイ話なんだろう!!と思っていましたがこちらもまたラスト近くでジワジワと感動させてくれます。読後感はご安心ください。


訳者さん(岸本佐知子)のセンスも大きいとは思いますが、この軽快でユーモラスな語り口、本当に好きです!


店頭にないし、なかなか突然これを読まれようと思う方もいらっしゃらないかと思いますがどこかで出会うことがありましたら是非お勧めします。



訪問ありがとうございます。
良い晩酌を♪
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
2019.02.01 Fri l 小説 l コメント (2) l top