FC2ブログ

前々回載せました分厚い本を読んだ長男からの、取り敢えずのお勧めである

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治 著。

20200929174043491.jpeg


あまりにも有名ですが紹介を。

主役のジョバンニ少年は、いつも友達から意地悪を言われたりからかわれたりしています。たった1人の友人、カムパネルラは優しいけど皆んなと居る時は皆んなに合わせてしまいます。

その日は皆が楽しみにしていた祭りのようなものがあり、ジョバンニ以外の子は連れ立って遊んでいました。
ジョバンニは寂しく悲しい気持ちで、空にかかる星たち、天の川を見ながら丘の上でしょんぼりしていました。

ふと気がつくと地上ではないところを走る電車の中。
そこにはカムパネルラもいて、美しい光景や楽しい人達と出会いながら過ごします。
そのうちだんだん周りの人達がいなくなり悲しい気持ちになってきました。


なんて美しく儚く寂しげな話なんだ・・

と、読んでる途中我慢できずに長男に
まさかこれって悲しい話?
と聞いてみたところ
うん。
と。あーあ、やはりそういうことか、、と読み進めましたが。

タイトルも、もちろん著者も知っていましたが、こんな話とは知りませんでした。
でも悲しいけれど幻想的で美しいです。

文中、
ここで一文字分空白
とか
一行なし
みたいなものが挟まるのですが、これはこの話が未完成だということだそうですね。
何度も何度も書き直した後のものではあるそうですが完成していなかったんですって。
何処をどう書き直したのか、完成したらどの箇所が違っていたのか、興味深いです。作家さんて天才ですね。


読んでる最中に銀河鉄道999を思い出しました。
子供の頃、友人宅に全巻あり、たしか勧められたように思うのですがどうにも読む気になれませんでした。絵も好みじゃないしファンタジックだし。
このマンガ、宮沢賢治のコレが元だったのですね。

読み終えて、貸してくれた長男にこの漫画を知っているか聞いたら、絵もタイトルも見たことあるけど知らないそうです。

「米津の‘カムパネルラ’もこれが元だから詩を意識して聴いてみて」

と言われ、びっくりでした。
何も考えず聴いていたけどそういえばカムパネルラ。
この小説の子の名前から取ってたそうな。
そしてカムパネルラというタイトルですが目線はザネリ(意地悪の子です)目線で書かれているのだそうです。

私が知らないだけできっと主人公のジョバンニ君もこのカムパネルラ君もその名前が有名なのでしょうね。
若い頃読んだ‘罪と罰’のラスコーリニコフ君なら覚えてるんだけどなぁ・・。(←面白くて夢中で読んだのに覚えているのはこの名前だけ。)

というわけで、「銀河鉄道の夜」は短編集の中の一つで、短くて読みやすく、歌でもアニメでも題材にしたくなる気持ちがとても分かる、悲しいのにキラキラした話でした。


さて話は変わりますが、今日はパート先で初めて「入口での検温係」というものをやりました。
春からやっていたけどずーーーーっと免れてきてたんです。が、やっと?周ってきてしまいもう逃げられません。
が・・、皆さま快く応じて下さり熱発者もいなくて全然大丈夫でした。

自粛期間中から感染に怯えながらも灼熱の真夏までやって下さっていた他のスタッフさんには改めて感謝です。



訪問ありがとうございます。
良い晩酌を!!
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2020.09.29 Tue l 小説(短編) l コメント (1) l top