FC2ブログ

「少年たちは花火を横から見たかった」 岩井俊二 著


「少年たちは花火を横から見たかった」 岩井俊二 著





「中学生ぐらいの子へのお勧め本」の中の一冊です。


24年前のテレビドラマ、「打ち上げ花火、下から見るか横から見るか」を小説化したもので、2年前に公開の同タイトルのアニメ映画の原作にあたるようです。(どちらも見ていないのですが・・)

語り手は小学6年生の男の子。

4月に転校してきた、大人びたクラスメイトの女の子を意識しつつ、クラスメイトが言い出した、

「打ち上げ花火は横から見ると丸いのか平べったいのか?」

という疑問を解決すべく、夏休みの花火大会の日にそれを確認しに行くまでの話です。


とても薄く読みやすい本なので、夏休みが終わる直前に
「どうしよう!!本読んでない!感想文の宿題が書けてない!!」
と焦る小中学生にちょうどいい本かと思います。(すぐ読めちゃいます)

ですが・・

この小学生たちの言動の雰囲気がどうにも私達の時代である昭和感いっぱいで、ちょっと今の子供達はこれ、通用するのかな??と思うところもあるのですが。


普通に大人が読むには物足りなくてお勧めではありませんが子供が読んだ後でついでに読むならいいかもしれません。





訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村













関連記事

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結局どう見えるのでしょうか?
丸いのかな??
なんだかどう見えるのか興味しんしんです。

こんばんはー

これの実写版映画をついこの前に観ましたよー。
奥菜恵が出てるやつです。
ずっと観たくて、なんとかしてDVD借りて観ることができました。

クラスの男子よりちょびっと大人な女子の何かへの憤りと
初恋のようなものを経験する男子の
甘酸っぱい夏の思い出を描いていました。
演技は子供だし、映像が古いので、ちょっとな質だけど
胸にツンとくる素敵な映画でした。
この監督の作品はほとんど観てますが、
作品によってはおもしろいかどうかは横に置いといて、
多感な時期の人の心を文学的に描くのがうまい
希少な監督だと思います。
あまりアバンギャルドに走らずに、キュンとくる作品を
『Love Letter』みたいなやつをたくさん作ってほしいなあ。
本人が書いた本?
アニメ版も観たいし、この本も読んでみたいです。

ボクシングだっけ?
旦那さんがやきもち焼くのもわかる気もします。
きっと大好きなんですよ、ふゆこさんのこと。

>ミコリーさん♪

私も読んだ後気になったんですよ(本の中では解決してくれていないので)。

それでググッた結果、360度、どこから見ても丸いんですって。でも特定の星とかハートとか型のやつありますよね?文字とかもでしょうか、ああいうのは横から見ると薄べったくなってるみたいですよ。面白いですよね~。

虹の着地している所はどうなっているんだろう?とか雨が降っているところと降っていない境目はどんな感じなんだろう?っていうのと似ていますよね。

>つかりこさん♪

こんばんはつかりこさん。

これこれこれ!
見たいんですよ。奥菜恵の。取り合えずギャオやプライムで探したのですがありませんでした(なんとかタダで見ようとする・・)。
ツタヤやゲオにあるでしょうか。ぜひ見てみたいです。
ツンとくる、を味わいたいです。
この本を読んでいても映像が浮かびましたよ。(配役も知らなかったのでふわふわ~っとイメージでですけど)

(小説にも出てくる)プールのシーンがとってもいいそうですね。


love letter、いいですよね!!大好きです!!
子供に「樹」って名前つけたかったぐらい好きです。


そうです。ボクシング!笑
えっ。ほんとですかー?
うーん・・そうなのでしょうか・・だといいのですが・・
普段は主人にあまり好かれてる感じしないんですけどね。
プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる