FC2ブログ

「あなたのいない記憶」   辻堂ゆめ 著


「あなたのいない記憶」  辻堂ゆめ 著






幼い頃に同じ絵画教室に通っていた優希と淳之介は大学で偶然再会します。

2人の共通の知人だったはずの‘タケシ’の話になるのですが、優希は‘タケシ’を絵本の中の人物だと思い込んでおり、淳之介はバレーの有名選手になった‘タケシ’だと思い込んでおり、話が噛み合いません。

あまりにも記憶が食い違い気持ち悪いので調べ始め、心理カウンセラーの力を借りながらこの謎を解いていきます。



裏表紙のあらすじを読んで
おもしろそう!
と買ったものの、なかなか読み進められず、途中までかなり時間がかかってしまいました。
(つまらなかったわけではないのですが)

ですが読み進むにつれものすごく面白くなり、後半に一度、本をパート先のロッカーに置き忘れてしまったのですが翌日わざわざ取りに行ったほど面白くなってしまいました。


お勧めなので内容には触れないようにしたいのですが(よかったらどなたかのネタバレ記事を読んでみてくださいね!)、「虚偽記憶」をテーマにした、タメになる興味深い話です。

常々人の記憶は曖昧だということは感じていますが、人為的に記憶を消したり植え付けたりとなると罪ですね。

冤罪で捕まった人が、お前がやったんだろ、と言われ続けて
「あれ?もしかしたら自分がやったんだろうか」
と思ってしまうとか。

人に嘘の事でも言われ続けると結構簡単に記憶は曲げられてしまうのかもしれないなと思います。

この本の話は人為的虚偽記憶ではあるのですが、それをしてしまった理由がなんとも深いのです。
私が思うところの主人公(この優希と淳之介ではない)が気持ちのままに相手に向かっていく姿に打たれます。

中盤からは話が読めなくなり、思いがけない方へ転じていきます。

そして最後はきちんとカタをつけてくれませんが、とても好きです。相手の行動も本当に予想外で最後まで驚かせてくれました。
自分がこの人ならどうしたか、相手側だとしたらどうしたか、読みながら考えさせられる重い深い話です。

ミステリーっぽいけど多分恋愛ものです。


面白かった~!!
是非読んでみてください。前半ちょっと退屈でも絶対面白くなります。




ということで思い出しました私自身の曖昧な記憶の一例なのですが・・、

先日友人コロモン、ミリリーとグループラインをしていた中でコロモンが

「コタツをやっと処分した」

というので私が

「ああ、いつかのクリスマスにお邪魔した時にうちの娘がジュースこぼしちゃったやつだね。その節はごめんね」

と謝ったところ、持ち主のコロモンは

「そんなことあったっけ??」

と忘れていたのですが(優しさで忘れたフリしたのかも)、そのクリスマスの時にその場に一緒に居合わせたミリリーが

「それって娘じゃなくってふゆこがシャンパンか何か溢れさせたんじゃなかったっけ?」

と突っ込んでくださり、記憶がよみがえりました。
そうです。私が人さまんちのコタツの布団にシャンパンこぼしたんでした。娘じゃなかった・・・。

自分に都合いい記憶にすり替えてたんですよー。怖いな私。
罪なき娘よごめんなさい。
ミリリーが覚えててくれて良かったです。


私のアホな記憶力の話で美しい記憶の小説を汚してしまいました。



今日は七夕ですね。
さっき(昨夜)主人が何気なく「明日って七夕だね」って言うまでまっっったく忘れていました。子供が小さい頃は幼稚園や学校で短冊書いたりするので意識できてましたけど。

天気悪いので織姫は彦星に会えないんですっけね?

みなさまは好きな人の近くで過ごせますように。




訪問ありがとうございます。
おやすみなさい。
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人の記憶って本当にあてにならないんですよね。
私は20年間HPやブログをやっていますが、人の方が私の記憶を覚えていてくれてたりして〜笑
そんなことあったっけ?あ〜あったな・・・って人に言われて思い出すことが多いのです。苦笑

あまりにも覚えていないので、ちょっと自分自身やばいかも?と思ってしまいます。苦笑

>ミコリーさん♫

ね、あやふやですよねー。人の方が覚えてくれてる、ってありますよね。
ほんと、昔の自分が書いたもの見ると(ブログに限らず日記的なものとかも)、え、こんなこと書いてたんだ??っていうのよくあります。

私も自分自身やばいと思っています。でもミコリーさんも同じならいいや!笑笑

No title

大分前からですが、私は仕事で依頼されたことを平気で忘れたりしています。

これをヤルヤル詐欺と呼んでいます。

>鱗人さん♫

それはきっと、忘れても大丈夫な類の依頼ですよね!またはギリギリにされても間に合う有能な鱗人さんなのだと思います。
プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる