FC2ブログ

「ある天文学者の恋文」 ジュゼッペ・トルナトーレ 監督


「ある天文学者の恋文」 ジュゼッペ・トルナトーレ 監督
2016年 イタリア ジェレミー・アイアンズ オルガ・キュリレンコ  

ある



大好きだった‘ニュー・シネマ・パラダイス’
そこそこだった‘マレーナ’
全然面白くなかった嫌いな映画‘海の上のピアニスト’

・・の3つしかこの監督のものを知らないのですが有名な監督だし雰囲気良さげだし、と期待していました。


大学教授であるエディ(ジェレミー)と教え子のエイミー(オルガ)の歳の差、不倫の恋です。

自分の前からしばらく姿を消したと思ったら突然知った恋人エディの死。
あまりにも予期しなかったことだけにその現実を受け入れられず、信じられず恋人を追い求めるエイミーです。
電話は繋がらないものの、生前と変わらずメールが届き手紙も色々な場所で色々な人を通して自分に届けられます。

それは全てエディが愛する恋人を守ろう、自分の愛を伝えようと生前に準備していたものでした。

エディンバラの街や訪れる島、その景色すべてがとても美しく主人公のエイミーの美と併せてきれいな映画になっています。
ですが内容がこんななのでひたすら悲しく寂しいです。


亡くなったエディには奥さんも娘(恋人エイミーとほとんど同い年)と息子がいるのですが、これはどうして不倫設定にしてしまっているのかが疑問でした。エディを妻子持ちにする意味が分かりません。

エディとエイミーの歳の差があまりにすごいのも気になります。
教授と生徒という設定だから仕方ないのでしょうが。
ジェレミー・アイアンズは渋くてかっこいいかもしれませんが、エイミーに合わせてもう少し若くてキレイなおじさまにして欲しかった、とオバサンの私は思いました。

この美しいエイミーが他の男になびくことなく真っすぐに一筋に亡くなったエディだけを見ている、というところはなかなか良かったです。

それから、普段メールでばかりやりとりしていたエディはたくさんの手書きの手紙を書きためていたのですがその文面の中に
「自分の書いたものに相手が触れて止まってそれを読んでくれている、ということに興奮する」
のようなものがあるのですがそこにはとても共感です。
エディがお年を召しているからかもしれませんが、私も年を召した今でも若い頃でも手紙を書くのが大好きだったので、わかるわかる!と。手書きの文字からは相手の顔も浮かびますよね。


セシリア・アハーンの「P.S.アイラブユー」を思い出しました(←本しか読んでないので映画は分かりませんが)。こちらは健全な夫婦ですが・・。



この映画はちょっと失敗でした。
主演の2人を好き、という方以外にはお勧めはできません。



訪問ありがとうございます。
また来てください!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





関連記事

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

ちょっと微妙な感じだったのでしょうか(苦笑)
でも、いろんなジャンルのを観てますね!
僕は最近とんとご無沙汰…久しぶりに借りにいこうかなぁ。
ところで、ハドソン川の奇跡って映画見ました?
見たいけど、近くに映画館がありませぬ(T_T)

>タチオヤジさん♪

こんにちは!!

そうなんです、ちょっと残念でしたね。
ジャンルはでも避けるものもたくさんあるんですよ~。
SFもアニメもファンタジーもコメディもなかなか劇場には行かないです。

ハドソン川、テレビのCMでよく見ますね!
もし足を延ばして行かれたらどんなだったか教えてくださいね。
プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる