FC2ブログ

「光待つ場所へ」 辻村深月 著


「光待つ場所へ」 辻村深月





ショートショートも入れて6編から成る短編です。

目次こんなです。
光待つ場所へ


しあわせのこみち

文学部に所属しながら絵画教室に通い絵を描き続ける女の子がライバルへの嫉妬や敗北を感じながら自分を見つめます。
ラストがとても美しくてこれが一番好きな話でした。




アスファルト

彼女と来るはずだったベルリンに一人で来た男の子が、それまで関わってきた友人関係から去り、異国の地で現地の人と関わるうち気づかなかった自分の姿が見えてきます。



チハラトーコの物語

アキバ系のモデルである女の子は同じ事務所の他のすべてのモデルを見下し自分が一番だと思い、病的な嘘をつきながら注目されようとします。



樹氷の街

中学の合唱コンクールへ向けてのピアノ伴奏が上手くいかない女の子と才能をひけらかさずに息を潜めて過ごしてきた男の子、それを取り囲む仲間に依って、なかったところに友情が生まれます。


どれも自意識過剰な若者です。若いときなんて皆少なからずこんなところがあるのではないかと思わされます。

辻村深月さんの本は学生の話が多い気がするのですが、高校生や中学生の話をおばさんである私が読んでも面白いのですからすごいです。
老若男女問わず楽しめるのではないでしょうか。
やっぱり辻村深月さんは最高です。


それから、このすべての話のそれぞれの登場人物が他の作品にも出ている人の‘その後’みたいな形で出てきているのでもしこれから辻村さんの本を初めて読まれる方はネットで「辻村深月 読む順」などを調べてから(笑)、間に他の著者のものを挟まずに一気に何冊も読むのがいいかと思います。(記憶力の良い方なら続けなくても大丈夫かもしれません)

もちろん私のように忘れても、又、順などどうでもいいから読んでみたい方にでもお勧めです。



さて、今日はちょっと涼しい夜なので焼酎お湯割りを飲みながらみなさまのところへお邪魔します。


訪問ありがとうございます。
また来てください!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







関連記事

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

読む順

こんばんは!
この人の小説は読んだことないです。
なかなか面白そうですね。
読む順があるんですか?
ちょっくらネットで調べてみまーす(^_^)

読書

読書の秋ですね!
読んでみたくなりました。

>タチオヤジさん♪

こんばんは♪

かる~く読めて読みやすくて面白いですよ~!そうなんです、同一人物が他の話に出てきたりするんです。

先日古本屋で久しぶりの天童荒太を読もうかなーと、
タチオヤジさんの旧ブログ記事にあったものにしよう!
と思ったものの
「孤独の歌声」だったか「歓喜の仔」だったか分からなくなってしまい(多分「歓喜」ですよね?!)とりあえず買うのやめたんです。この人のは読むのに覚悟が必要ですよね。読むぞ!っていう。

>月の住人さん♪

ね、読書の秋ですね♪
撮影の合間に何か読まれたら載せてくださいね!
プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中2♂、小6♂、小4♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる