FC2ブログ

「君の膵臓をたべたい」 浜辺美波 北村匠海 小栗旬


「君の膵臓をたべたい」 浜辺美波 北村匠海 小栗旬 北川景子 
2017年  月川翔 監督





またまた、テレビからの録画にて♫





とても!とても良い映画でした!!




余命モノは大嫌いな私ですが、、、


先に観た娘が

「お母さん、これ余命わずかなやつだけど大丈夫かもよ?見てよー」

と言ってくれたことと、いつもお邪魔していますブロガー様が紹介されていた感想記事を読み(この映画は観るつもりなかったのでがっつり読んだ)、ちょっと見たくなっていたのでやっと重い腰を上げての鑑賞です。



‘私は余命わずかですよ!
だから私のセリフは何を言っても泣けるし人から言われたセリフも泣かせます!
ハンカチとティッシュの用意はいい?
さあ泣いて!!!’



と訴えてくるものではありませんでした。


余命モノなのに別格です!!(余命モノ余命モノうるさいですね。すみません)



        


さてお話です。



地味で友達のいない、人に興味がない「僕」(北村匠海)は、病院の待合室でカバーのかかった文庫本を拾います。

開くとそれは

「自分は膵臓を患っていて余命わずかだ」

という闘病日記のようなものでした。


そんな衝撃な内容を見てしまい、さらに持ち主がクラスメイトの人気者女子さくら(浜辺美波)だと分かっても、他人に興味がないので「僕」は動じません。

思いがけずさくらの秘密を知ってしまった「僕」とさくらはこれを機に話すようになります(一方的にさくらが近づいていくだけですが)。

他人に興味のなかった「僕」ですがさくらが自分の領域に入ってきたことに依り少しずつ変わっていきます。

さくらは本当に死んでしまうのか(余命モノっていうからには死んでしまうのでしょうけど)、‘その時’に向けて残された時間をどんな風に生きるのでしょうか。


        




映画館で観てもよかったかもしれません。
さくら(浜辺さん)と桜がとてもきれいなので!

チープな恋愛映画ではありません。
というより恋愛映画ではないですかね。

毎日を大切に、自分と関わってくれている人達を大切にしようと改めて思いました。


私の記事では良さは伝わらないので「観たい!」と思わせてくれたこちらの記事へどうぞ→つかりこさんち


・・と、つかりこさんに丸投げして終わります。




あ、そうそう。
今日はちょっといい事があったのでみんなにミスドを買って来ました。


ハロウィンバージョンですね。
ミスドハロウィン




私が食べたのは(つまり子供達が選ばなくて残ったのは)、この気持ち悪いやつです。

ミスハロ

見た目は悪いですが紅茶生地ですごく美味しいです!!
この気持ち悪いものをかじる勇気がありましたら、お勧めです。




訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中2♂、小6♂、小4♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる