FC2ブログ

「去年の冬、きみと別れ」 岩田剛典 山本美月 斎藤工


「去年の冬、きみと別れ」 岩田剛典 山本美月 斎藤工 
瀧本智行 監督    2018年




小学生の春休み最後の今日、娘と娘の友達2人を映画に連れて行きがてら、自分も映画を観てきました。

大好きな中村文則さんの小説の映画化です。(この小説は読んでいません)



        


盲目の女の子が焼死した、過去の事件を追っている熱血な記者、耶雲(岩田剛典)は週刊誌の編集社に

「この過去の未解決事件を書きたい。真相を調べたい」

と話を持ち込みます。

対応した編集者の小林(北村一輝)は、

「未解決にしても、もう終わっている事件だから」

と最初は相手にしませんが、耶雲の行動力と熱意に、次第に原稿を読むようになります。



過去の焼死事件の時に現場に居合わせ、とても怪しい人物のカメラマン木原坂(斎藤工)を犯人のはずだ、と思い込んでいる耶雲は直接木原坂に取材を申し込み、受け入れてもらえます。

調べるうち、木原坂は人のもの(女)を欲しがる男だということが分かり、自分の婚約者(山本美月)の身を案じ始めます。




どう見てもおかしい、狂った木原坂としつこく真相を調べだそうとし、木原坂や姉を追っていく耶雲。



この対決はどうなるのでしょうか。



        



告知やポスターなどで

「すべての人がこの罠にハマる」

と書かれていましたが。
「何かあるのではないか?」
「こいつは本当はこんな人なのか?」
のような裏を読むことはせず、素直に受け取りながら観るのがオススメです。


次から次へと、

え?え?ええっ?!!

と進み、とっても面白かったです。

サスペンスぽいものはあまり好きとは言えないのですが、私の大好きな種類の話であり(表すとネタバレになってしまうので書きません)、ラブストーリとしても大好きです。ラブストーリー、と言ってしまうのも若干ネタバレっぽいですが忘れて是非見てください!!

劇場で観た方がいいかどうかは分かりませんがこの映画は大変お勧めです。

でもやはりステキな出会いのシーンや海辺のシーンではスクリーンがいいかなあ!!という気がします。

そして何よりこの映画のタイトルです。
タイトルの意味は最後まで分からなくしてありますが、重要です。泣きます。
こういう、想いが深い話は大好きです。


ちょっと原作も読んでみたい気がしますが迷います。

原作のラストは知りませんが映画では後味は悪くないです。

出演者から一見チャラっとしている軽い話だと思われそうですが中村文則さんなので話は絶対に面白いですし、つまらなかった、ってことにはならないと思います。

機会がありましたら是非!!




そうそう、小4になった娘が友人たちと観た映画は「坂道のアポロン」です。
見終えた3人からは、
面白かった!感動した!
という感想以外聞けていません。
きっと面白いのでしょう!!


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる