FC2ブログ

「百円の恋」 安藤サクラ 新井浩文


「百円の恋」 安藤サクラ 新井浩文 
2014年 武正春 監督





大変面白かったです!!!

あまりお目にかかりませんが好きな女優、安藤サクラさん主演です。




         



32歳の一子(安藤サクラ)は、親の営む弁当屋さんで働きもせずぐうたらしていますが、離婚してきた妹と喧嘩の毎日で母に

「出ていけ」

と言われ、一人暮らしをすることになります。

行きつけの100円ショップ(コンビニ)で働き始めます。

以前から気になって立ち止まって見ていた、近くのボクシングジムで練習している狩野(新井浩文)がそのお店に客として表れ、きっかけがありデートに誘われます。

どう見てもパッとしない、お世辞にも可愛いとは言えない一子を狩野が誘った理由は

「断られないと思ったから」

と、本人に言う腹立たしい狩野ですが、一子はそれでも最初からずっと惚れています。

外見だけでなく口下手でノリも悪く、もっそもっそしている一子と狩野はそのうち付き合うのですが狩野の暴君ぶりは変わりません。


人を傷つけたりもせず、根は優しい一子は勤め先のコンビニの同僚のおじさんから人生終わりそうな酷いことをされたり、付き合っている狩野からも大切にしてもらえず、でも誰をも攻撃せずにいます(内心は恨んでいる)。

狩野もそのうち自分の元から去り、再びすぐに一人になった一子。

内に怒りを溜めている一子はある日ボクシングジム(狩野が所属していた所)へ入部します。
以前初めて見た狩野のボクシングの引退試合にすっかっり魅せられていたので、ジムで習い始めてすぐにボクシングの世界にのめり込みます。

ずんぐりぽってりしていた身体は引き締まり、自分に自信がついてきます。

メキメキと短期間で力をつけてきた一子は32歳でギリギリと言われた試験や試合にも出たいと言い出します。



        




なんて良い映画だったのでしょう!

安藤サクラさん、素晴らしいです!!新井浩文さんのSっぷりもすごいです。

ボクシングですっかり見た目も中身も変わっていき、なんとなく外見も魅力的になり強くなったのに、目の前に好きな狩野が現れると急にぼそぼそっとした自信のなさげな頼りない口ぶりになるところなど、とても可愛いです。

そして色々なもの、人への憎しみや怒りがボクシングに込められているように感じます。


‘恋愛映画’でもなく‘スポ根’というのもちょっとイメージが違い何とも言えないジャンルですが、一人の冴えない女が強くなっていく、気持ちの良い映画でした。

ただ、目を覆いたくなるようなシーン(血みどろ、とかではないです)もあるので決してキレイな映画ではありません。


誰かれ構わずオススメしにくいのですが、主演の安藤サクラさんが好き、または新井浩文さんが好き、という方は絶対見て欲しいです。


こんな風に自分に自信が持てたらどんなにかステキだろうと思います。
私も32歳までにボクシングやればよかったな・・・笑





ところで、私はまだまだ明後日の日曜日まで休みが続いていて身体も頭も心もボケボケです。
一層バカになった気がします。


訪問ありがとうございます。

良い週末をお過ごしください。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる