FC2ブログ

「パーマネント野ばら」 菅野美穂 江口洋介


「パーマネント野ばら」 菅野美穂 江口洋介   
2010年   吉田大八 監督 






西原理恵子さんのマンガが原作だそうです。
「桐島部活」の吉田大八監督です。



      



シングルマザーの、ナオコ(菅野)と母(夏木マリ)で営む美容室、‘パーマネント野ばら’。

そこには地元の暇そうなおばちゃん達が集まり日々盛り上がっています。
そんな客達の話に適当に乗りながらお店を手伝い、娘を育て、友達と関わっているナオコには、周りには内緒にしている
かっこよくて優しい高校教師の恋人(江口)がいました。

生徒に会わないような時間に学校へ訪れたり、娘を母に預けて2人で飲みに行ったり。
仲良く付き合っています。


途中まで、ストーリーがあるようなないようなで、あんまり面白くないな~、、と見ておりました。

ですが後半(ほんとに最後の方)から、アレ??という流れになり、えーーー、そういう話だったの?!といった少しだけ驚くストーリーになっています。
終わりの方の海のシーンではちょっと切なくて泣けるかもしれません。



      



菅野美穂が美しくて可愛くて表情作るの上手いなあ!!と思います。
大好きな恋人を見る目がホント可愛いです。
そして色っぽい江口洋介の壁ドンも見られます



小池栄子、宇崎竜童なんかも出ています。
お勧めするほどではありませんが、菅野美穂さんを好きならまあまあ楽しめると思います。



  ※子供が観ても画的には大丈夫ですが、美容室で話すおばちゃん達の言葉があまりにえげつないので聞かせない方がいいです。



訪問ありがとうございます!!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

昨日の釣果♪


昨日の釣果です <゜)#)))< 。οΟ


上から、
(私のスタート酒の金麦 白)、メバル、メジナ、メジナです!

めばめじ

こちらは今日と明日のおつまみになる予定♪




そしてもう一尾。胸びれと背びれに毒があるそうな・・、刺さらないよう気を付けるらしいです。
アイゴ。

あいご

これは昨日のうちに、塩煮にしておつまみにしました。
主人が言うには
「皮にちょっとクセがある」
とのことですが私にも子供達にもとっても美味しかったです。



釣り場は昨日も‘芦名漁港’にて。そして昨日も私と娘は行っておりません。
釣りをしている場所に以前からもちょこちょことゴミはあったそうですが、昨日は食べ物のゴミや袋や空き缶まで結構たくさん散乱していたそうで、そのうちこの釣り場も「釣り禁止」になるだろうなあ、、と主人がボヤいておりました。
釣り禁止になってしまう理由は、ゴミのポイ捨てが多いそうですね。
さみしいですね。(←私行かないくせに)





話は変わり、、

時々スーパーで、割といつも安い3連のヨーグルト「牧場の朝」を子供達に買うのですが、
私がいつか「おいしそうだね!」と言って以来、末っ子の娘が

「お母さん、少しあげるよ!」

と毎回くれるようになりました。
洗い物を増やさないようにという主婦的はからいから、皿ではなくヨーグルトの蓋に置いてくれています。

まきば

可愛くてありがたいのですが、すっごい食べづらいんです。(なら皿を出すようにしろ、って話ですけど)
蓋が柔らかくてクネッとしているのでまずこれを口元まで持ってくるのにひと苦労し、更に少し丸めて口に流し込むのにひと苦労。
でも最近は上達してヒョイッと食べれるようになってきました。

ちなみにこれ、イチゴやブルーベリー味がありますが、プレーンが一番美味しいです。





訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村




テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

「if i stay ~愛が還る場所~」 クロエ・グレース・モレッツ 


「if i stay ~愛が還る場所~」 クロエ・グレース・モレッツ
ジェイミー・ブラックリー 
2014年 アメリカ 
R・J・カトラー 監督





めっちゃくちゃ良かったです!!
映画館で観ていたら、終わった後間違いなくすぐに立てない系です。


        


高校生のミア(クロエ)は、家族で出かける途中に交通事故に遭い、昏睡状態になります。
生きるか死ぬかの瀬戸際で、ミアのこれまでの人生(事故直前まで)が振り返られます。

ミアはチェロの才能があり、音楽学校の最高峰であるジュリアード音楽院を目指すクラシックな女の子ですが、ロックを愛する
ブッとんだ(でもとても愛に溢れている)両親や可愛い弟、それに良き友人、恋人アダム(ジェイミー)もいます。
かなり充実しています。

過去は大半恋人とミアの回想です。
ミュージシャンである恋人アダムを大好きで大好きでしょうがないミアがとっても可愛いく、アダムもミアの事を大好きで、大人気ミュージシャンなら絶対にしそうな浮気(←偏見でしょうか?笑)もしません。そこがとても良かったです。
アダムは、容姿はそれほどでもないですがミュージシャン、という事と甘い声とその動き?(笑)とミアへの‘一途さ’が彼を魅力的に魅せています。

ミアにとっての二度と戻らない‘人生最良の日’の、アダムとの演奏がすごく美しくキラキラしています。

現在は昏睡状態にあり、もう危ないミアの元に、次々と面会人が訪れます。
ミアのことを大好きで大切でミア思いのおじいちゃんの言葉が忘れられません。
おじいちゃんが明かす、ミアのお父さんの話。
ああ自分もこんな親になれたらな、こんな気持ちで子供を育てていけたらなんて幸せな心豊かな子育てになるだろう、と思います。

そしてミアに心から話しかけるおじいちゃんの愛あるセリフに何回でも「思い出し泣き」しそうです。
おじいちゃん最っ高です。

最後の方は幻想的でステキで、
おっと、、ここで終わっちゃう?ってとこで終わりますが、後味も良いです。

悲しい設定ですが、全体的には暗い雰囲気ではないです。



      



すっごくいい映画観たなー!!!

と満足感でいっぱいです!後悔はDVDだったこと。
劇場で観たかったな~
これからはマメにロードショーをチェックしようかな、と本気で思いました。


この映画、後半は泣きっぱなしになるので(多分)、一人で観る事をお勧めします。

すごく好きです!大オススメです。
どなたか観てくださ~い!!! 
(、、、って過剰に誉めていますがお口に合わなかったらすみません。)



訪問ありがとうございます♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

ミルクうどん


昨日昼に一人で食べたミルクうどん


フライパンに塩鮭と長ねぎを炒め、軽く鮭をほぐしたら、

みるうど鮭



がらスープの素を入れうどんと牛乳を入れ、

ガラと牛乳

(このガラスープの袋は多分詰め替え用だってことは分かっています。面倒くさいのでこのまま使用してます)



蓋をして10分弱煮込み、
ふたしたみるうど


完成です

みるうど



旨かったです!
私は牛乳と言えばコンソメ、という堅い頭でしたので、ガラスープは思いつきませんでした。

参考にさせていただいたのはネコさんのブログでの9/15の記事のオリジナルレシピです!
(こちら→ネコさんへの入口 )


うどんはたまたま乾麺しかなかったので乾麺を先に茹でておいたのですが(時間短かめに)、ネコさんレシピのように茹でうどんを使った方がお手軽だし合いそうです。それと鮭と長ネギも違う物でも何でもイケると思います。
最悪、具なしでも・・(栄養的にダメですか?笑)


クックパッドなんかでも、よくみなさん新しい物を思いつきますよね。
私はこういうのを考えるのは苦手で、というか思いつきませんので主婦歴何年にもなるのに結構きちんとレシピ本見たり、今回のようにネットでどなたかのレシピを見ながら作ることも多いです。


わたくしごとですが今日は禁酒なので、今から少し気分が沈んでいます。
皆さまは楽しいお酒と楽しい一日を!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

再び「at Home」(他の3編) 本多 孝好 著


再び「at Home」(他の3編) 本多 孝好 著 





先日表題作だけ読んだのですが、残り3編は更に面白かったです!!




・「日曜日のヤドカリ」
敬語で会話する仲良しの父娘。
母の出かけていた日曜日に男の子が一人訪ねてきて、「僕のお父さんここに来てませんか?」と聞いてきます。
話を聞くうちに、父娘の想像は膨らんでいきます。

この男の子の、お父さんを想う気持ちが心に沁みました。とても良い話です。


・「リバイバル」
真面目で平凡な中年男性は、返済を続けているヤミ金業者の男から

「もうお金は払わなくていいからその代わりにこの女と(書類上だけ)結婚しろ。一緒に住め」

と命じられ、訳のわからぬまま、言葉の通じない外国人の妊婦と一緒に住み始めます。

不安な妊婦を前に、男は自分の過去を思い出します。
昔、生まれたばかりの自分の子と初めて対面した時に思った、

‘元気じゃなくても、丈夫じゃなくてもいい。意地悪でも意気地なしでもそんなことはどうだっていい。ただ、自分達と共に生きてくれ’

という、誰もが思う感情に泣かされました。(そう思っていたはずなのに子供にはあれこれ無意識に期待してしまうんですよね)


・「共犯者たち」
小さい時に子供2人と妻を残して家を出た男が、20年後に息子に明かす昔の話や言葉が、胸に響きます。




すべての話で、父と息子の温かい気持ちが描かれています。
そしてどれもドラマっぽく、日常によくあるような話ではありませんが、楽しめます。
軽く読みやすく面白いです。



この作家さん好きになりました。
ブックオフで買ってあるもう一冊も期待します♪




ところでまだ4時ですが飲み始めています。

ゼロしtゼロ

最近時々これを選びますが、甘くなくて変な物も入ってなくて美味しい





訪問ありがとうございます!
楽しい週末を♪
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

イカサシ と イチャガリ


昨夜またイカを主人が捌いてくれたのでつまみに食べました。

イカベルク

うちで育てているパセリ添え。

「今日は塩辛はやらないよ!」との事でゲソは炒め物に使いました。(ここで「じゃあ私が塩辛作る」とはなりません)



そして、もうひとつ、かった~いお菓子もおつまみにしました。


いちゃがりがりイチャガリ

一見、かりんとうに見えます。
沖縄へ行ったわけではない友人からのものです。(物産展、だったかな)
すんごい堅くて、でも美味しいです♪♪まったく甘くもありませんが子供達も美味しい!と食べておりました。



夕飯にも下足、でイカばっかりで幸せです(◦'︶'◦)♬.。





さて、やっと長かったシルバーウィークが終わりホッとしています。

「あーまた今日から学校かーやだなー」 (うちは「学校大好き!楽しみ!」というタイプの子ではないのです

と言う子供達を「またすぐ土日じゃん」と励ましながら送り出し、私はこれから幼馴染と会いに行って来ます♪
洗濯物をイチかバチか干しっぱで行くか取り込んで行くか悩み中です。周りのご近所さんのベランダを見て決めようかな・・




訪問ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

「私の男」 浅野忠信 二階堂ふみ


「私の男」 浅野忠信 二階堂ふみ 主演
2013年    熊切和嘉 監督  





グロいよ、と言われていたのでなかなか手を出せませんでしたが、見ました♪




奥尻島の地震で家族がいなくなってしまった少女、花。
親戚の男、淳悟(浅野)に引き取られ、親子として暮らし始めます。

数年経ち、高校生になった花(二階堂)と淳悟は異様な仲になっています。

2人の遠縁である町のおじさん(藤竜也)は花と淳悟のおかしな関係に気付き、花を淳悟から離そうとします。

そして流氷へ・・。
ここでの花とおじさんのシーン、すごいです。


そこから花と淳悟は2人だけで、どんどん落ちていきます。



       



禁断の恋、、ということで、もう少しで嫌悪感が沸きそうでしたがこの2人だから大丈夫です。

二階堂ふみさん(私は結構苦手なのですが)本当に上手いです。
高校生なのに妖艶で不気味でゆがんだ、得体の知れない雰囲気が最高です。
浅野さんは言うまでもなくステキですが、後半の落ちぶれて汚い男になってしまっても、かっこいいところはさすがです。

この2人じゃなかったら私は気持ち悪かったかもしれません。

血が降るシーン(←禁断を表している?)では、ちょっとあの血は要らないのでは・・と思いました。邪魔でした。
それからラストの意味がよくわかりませんでした。(2人が一体どうしたいのか感情が読めません)


面白かった、とは言えませんが、一言では表せない見ごたえのある映画でした。
お勧めではないですが観てみても損はないと思います。


    ※R15指定です。ですが大人になってからの方が良いかと。






訪問ありがとうございます♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

ついに手にいれた酒!!ラフロイグ♪


私の長い酒人生で、初めて「ラフロイグ」なる酒を飲みました。
・・というかその存在すら知りませんでした。


これがラフロイグ
ラフロイグラフロイグ (2)



ブログを訪問させていただいてる方からのコメントで知り、更に読んでいた本にも登場したこともあり、この臭い酒と言われているらしきラフロイグに興味津々でした。

   ※教えて下さったブロガー様、土佐けんさんとジョセさんという方々です。
     こちら→土佐けんさん入口
     こちら→ジョセさん入口



ラフロイグとは、スコットランドのアイラ島という所で作られるシングルモルトウィスキーだそうです。(サントリーさんのHPより)


聞いた時にすぐに飲んでみたかったのですが、調べたら高いので(; ̄Д ̄)、とてもじゃないけど普段の酒として買うわけにはいかず。

でも諦めきれないので、酒好きな父に持ちかけてみたところ、先日買ってきてくれました♪
いくら酒好きな私達夫婦でも万一飲めないといけないので(それに高いから申し訳なくて)350mlの小さい瓶にしてもらいました。

そして、買ってきてはもらったものの、「臭い」というイメージからなかなか手が出せず(笑)、今日主人と飲んでみたのですが・・

ラフログラス


栓を開けてまずは匂いをクンクンしてみました。

ちょっと薬品ぽい?
と感じましたが、思ったほど強烈な匂いはないです。
これはイケそうだ!とロックでほんの少し飲んでみました。
(サントリーさんはハイボールがお勧め、と言っていますが、うちにたまたま炭酸水がなくてロックにしました)

グラスからは燻製っぽい匂い、味はうっすら煙いようなやっぱりスモーキーな感じ?でした。
すっごい美味しい!!という感想は持ちませんでしたが、時々とても欲しそうな予感です。
グイグイとはいけないので、ちびちび楽しむ感じです。
主人は普通に「おいしいね」とのこと。
次は絶対ハイボールにしてみます。でもハイボールにして薄まったらグイグイいけたりして・・、、それはそれで勿体ないですね。

今日はこの一杯だけにして、あとはヒゲおじのぬるま湯割りで過ごし、ヒゲおじのまま締めました。

ラブひげ






訪問ありがとうございます。
おやすみなさい☆

にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村





テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

少し淋しい→酒のつまみを酒抜きで食らう。


今、国勢調査のアンケートしてました。ネットは今日までですね。焦りました(暇なのに)。

さて今日は禁酒しています。昨日どうしても飲みたかったので今日にずらしました。

なのですが、先日主人が作ってくれたイカ塩辛が食べ頃になり、主人がつまみに食べ始めたので耐え切れずに私も少々いただきました。酒を飲まずにつまみだけを。



イカをさばいてくれた日のイカ

いか
(左のゲソとキモがこれから塩辛になります。右の2皿はその日に刺身で食べました。ちなみに皿はあいあい皿♪)




そして本日食べた塩辛

しおから



とっっても美味しかったです!!
イカは私はお寿司の中でも一番好きなぐらい大好きなので、自分でもちゃちゃっと捌けるようになりたいものです。
一度、主人に教わってやったことあるんですがそれっきりです・・。そして今日もこうして作ってくれた物をちゃっかり食べるだけ。



それから・・
おつまみと言えば、なのですが
最近気に入っている‘わさびソース’がありまして。

わさび (1)わさび (2)


タバスコみたいな瓶に入っているこちらは、夏に近場へ旅行した時通りがかりの道の駅で買いました。使用例として、納豆、ピザ、唐揚げ、冷奴など書かれていたので早速納豆、冷奴に使ってみました。


納豆(添付の辛子はかけずにこのわさびソース3滴ぐらい振りかけ)
わさ

ピリッとしてなかなか好みでした。




冷奴(こちらはポン酢を少々かけた上からわさびソースを2、3滴)

わさやっこ

冷奴は普段から生姜かわさびをつけるのでそれほどの‘びっくりおいしい感’はありませんでしたが。


辛いものって美味しいですね♪
辛子もわさびもタバスコも唐辛子もラー油も甲乙つけ難いですね♪



シルバーウィーク中の方はまだまだ楽しい連休を


(そうそう!!
昨日なのですが、夕方頃からでしょうか、何故かFC2ブログの方のブログが大半開けなくなってしまいました(開けるのですが真っ白で何も読めない状態)。
それで遅くなって回復して見れたんです。
読みたくて何度かトライしてしまったので
「また来てる・・さっき来たのにこいつまた来た!!」なんて怖がらせてしまっていたらすみません。
または逆に足跡ついてなかったりとか。)




訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

芥川賞「スクラップ・アンド・ビルド」 羽田圭介 著


「スクラップ・アンド・ビルド」 羽田圭介 著





健斗(28ぐらいの若者)は就活しながら、母と87歳の祖父(多分身体はわりと健康)と住んでいます。

この祖父は心が弱っていて、というか卑屈で

「早く死にたい」「自分なんて邪魔だから」「あちこち痛い」

のようなセリフを毎日毎日家族の前で繰り返し、いかに自分が弱いかをアピールしてきます。
夜中には杖をついて音を鳴らしながらトイレに歩き、健斗の母が作るご飯にも

「固くて食べられない」だのと文句をつけ、

食べ終われば

「皿を(流しに)持って行って」
と健斗に頼んでは母に

「自分でやれ!」
と叱られ日々罵られています。

この母は、義理の娘ではなくこの祖父の実の娘なのですが、実に冷たく酷い言葉を浴びせます。
それもこれも父が動けなくならぬよう、自分で出来る事はしてください、という意味もあります。


健斗はそんな母とは違い、時にイラつきながらも優しく接してあげています。

ある時健斗は思います。
祖父の願いを叶えられないだろうか。


健斗は計画を立てます。




おじいちゃんを想う優しい孫のお話・・・ではありません。
(そう言えない事もないですがそんな簡単ではありません)


後半は特に面白くて、結末がとても良かったです。


   
      



又吉さんの「火花」と一緒に芥川賞を取ったこちらの本ですが、
すごく面白かったです!!!お勧めです。
(ちなみに「火花」は手に取り最初を読んでみましたが好みではなく入り込めませんでしたので断念。又吉さん好きなのに残念です)

この「スクラップ・アンド・ビルド」は薄めなので、一度立ち読みしたら
「ちょっとこのままイケそう・・」
と思ってしまい、結局本屋さんに3回通って立ち読み切ってしまいました(本屋さん申し訳ありません。ちょこちょこ買っているので許してください)。

この作家さんの他のものも読みたくなりました。多分読みます(次は買って・・)。




訪問ありがとうございます。
良い週末を♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中2♂、小6♂、小4♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる