FC2ブログ

「天気の子」 新海 誠監督


「天気の子」 新海 誠監督


poster.jpg


何処かの島から東京へ家出してきた16歳の少年ホダカは、往路の船で偶然知り合った男性のもと、食事付き住み込みで働き始めます。

同じ頃、仕事を失い次の仕事を探している2つ年上18歳のヒナと仲良くなります。
ヒナは強く願えば100%天気を晴れにできる、本物の晴れ女でした。

ホダカが東京へ来てからずっと降り続く異常な雨模様に、このヒナの特技?能力?を利用しよう!と思ったホダカはインターネットで

「5000円で希望の場所を晴れさせます」

と呼びかけ、仕事依頼がくるとヒナとその小学生の弟を連れ仕事に行きました。

長時間ではないけれど必ず晴れにできるヒナの噂は広まり仕事依頼も増えていきます。


しかし人の力で天気を変えるなどできるわけがない、できてはいけません。
こんな事をしているヒナには大きな代償がありそうです。




           



アニメもファンタジックなものも好みではありませんが、小5の娘に、トイストーリー4かこれを観ようと誘われ

「トイストーリーは一度も見たことないし辛いから友達と行って。大好きだった‘君の名は’の監督の方ならじゃあ行くよ」

てなぐらいの姿勢で行ったのですが・・


面白かったー!
ストーリー的には「君の名は」の方がいいですが、面白かったのはこちらかもしれません。
そして泣きますよ。ちょっとこれを耐えるのは無理だなってぐらい泣きます。(あ、娘は涙一滴も出なかったそうですが)

男女が入れ替わったり時空超えちゃう「君の名は」もですけど、これもファンタジーいっぱいなんです。が、どっちもとても好きな私はもしかしたらファンタジーを結構好きなのでしょうか?(って問われてもね・・)

もうそろそろ公開終わるかもしれませんが観られるなら劇場鑑賞をお勧めします。

そうそう、私は気が付かず終わってからの情報で知ったのですが、映画の中に、「君の名は」の主人公のミツハとタキが出てきます。存在感ある登場っぷりなので知っていればすぐ分かります(なのに気づかなかった自分ですけど)。



ああ面白かったな~
またいつかこの監督のアニメでファンタジーなものでも自分から進んで行きたいなと思います。



娘と

「面白かったねー。どのシーンが良かった?ラストどう思った?」

とか

「あの子はあそこでなんであんな事言っちゃうのかね。言わない方が良かったよね」

なんて盛り上がり、さぞかし観られた皆様も楽しんだだろうなーなんて思い、この感想記事をだいぶ書き進めたところで一旦中断して皆様のレビューを読んでみました。



なんてことでしょう・・・!!結構な数の酷評。

ああそうなんですかー・・・

私の「面白かった!!」なんて意見は白い目で見られそうなぐらいバサバサ斬っています(でも言ってることは真っ当)。



というわけで評判は良くないんでしょうかね。
私は面白かったです。好きですが。





さて、映画と関係ありませんが、私は秋から友達と一緒に始めたいことがあり、体験しよう!!とちょっとウキウキしていたのですが今朝主人にめちゃくちゃ反対されていることが分かりとてもテンション下がりました。

主人が嫌なら諦めて違うものを探そうと思います。あーあ・・
体験だけは楽しみにしてたんで行っちゃいますけど!!!


なんて勿体つけた書き方してすみません。始めたら書こうと思っていましたが始めないので書きません。あーあ・・・



まだ飲んでいる方は引き続き良い晩酌を♪

訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「よこがお 」 筒井真理子 池松壮亮 市川実日子


先ほどスーパーの店内を歩いていたら、ドリンクエリアで

「いかがですかー?」

と試飲を勧めていて、遠ざけて通ったつもりなのですが目の前に紙コップを差し出され、仕方なくいただきましたら甘いコーヒーで残念でした。

「美味しいですけど甘いんですね。無糖のはないのですか?」

なんて一応飲んだからにはコメントしてみましたら

「まだ甘いのしか発売されてないんですよ」

だそうで。

ダイエット中だったのに!!!


予定外の甘いドリンクを摂取してしまい残念です。
どうせならドリンクではなくチョコかアイスにしたかった・・。



さて、先日見ました大変面白かった映画です♪


        




「よこがお」 筒井真理子 池松壮亮 市川実日子
2019年  深田晃司 監督


よこがお


訪問看護をして暮らしている市子 (筒井真理子)は、ある日訪問先の家の娘が行方不明になったことをきっかけに今まで通りの生活ができなくなり、辛い人生へと転落していきます。


そこそこ幸せに、平凡に暮らしている女が、自分は何も悪くないのに不幸な人生へと転落する・・という楽しくはない、恐ろしい話です。


ですが、、面白かったー!!
そしてこの怖さ。

筒井真理子始め、私の好きな池松壮亮や同じく大好きな市川実日子の自然な演じていないかのように見える役も素晴らしく、すっかりこの世界に入り込め、怖さを味わいました。

冒頭の美容室のシーンから不穏な雰囲気で、何か起こりそう感いっぱいです。

自分は何も悪くないのに加害者になってしまう恐ろしさや、そうなったらその状況では生活できなくなっていく様を見せつけられます。

そして色んな愛の形があり、それを正面から相手に表現できないもどかしさや、嫉妬からくる仕打ちやそれに気づかぬ仕返し。

又、何気なく話した言葉を利用されてそれが結局命取りになる。


ちょっとネタバレっぽくなってしまうのですが、私はリベンジものの映画が好きで、この中でもリベンジが主になる方が出てきます。普段なら

「やれー!悪いヤツには復習しちゃれー!」

と気持ちよく思う私も今回は

「待って、やめてあげて。この人の裏の気持ちを読んであげて」

と思わずにいられない、複雑な気持ちになります。


現在と過去がちょこちょこ入れ替わるので注意して見る必要がありますが、美容室シーンから始まる主人公市子の髪型を目印に、分かりやすくなっています。
茶色くゆるゆるっとウェーブがかっているのが現在。
黒くてひっつめているのが過去になっています。


そして、突っ込みたくなるようなところもいくつかあるのですが、それでもとても面白い映画でした。
私と映画の好みが似ている方にはとっっってもお勧めしたいです!!



観終えても、いつまでも重い余韻が残ります。
でも好き!





訪問ありがとうございます。
また来てください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「コーヒーが冷めないうちに」「アルコールが抜けないうちに」


こんばんは。

今日のスタート酒です!!

ストロングジンポイ

柚の苦みでしょうか、ちょっとジンぽい感じで美味しかったです。


さて、先日行きました美容室で流れていた選ぶ余地のないDVD、

「コーヒーが冷めないうちに」

紹介です。
私が席についた時にはもうかなり話の後半な雰囲気で健太郎と有村かすみがいたりして、あ、これは「コーヒーがなんちゃらだな」
と気が付きました。

そして案の定すぐ終わってしまいました。

いやー、、こんなほんのちょびっとクライマックスだけ見てナンですけど面白かったです!!

とある喫茶店で?、コーヒー一杯淹れる(飲む?)間だけ過去に戻って誰かに会える、っていう話のようです。

ただこれを最初っから観るか?というとどうしようか、と迷う程度です。
テレビでやったら是非観てみます!皆様も見てください!面白そうですよ!
たぶん最後の方は涙なくして見られません。(最初から観ていたら、ですけど)



そして次に選ぶ余地なくノンストップで流れたDVDは

「検察側の罪人」

主演は木村拓哉と二宮和也、CMでよく流れていたアレです。

これは最初っから観られたわけですが、、、

面白くて!!!


木村拓哉のもので面白い映画ってあるんですね!知りませんでした。
そしてイイところで私の髪セットは終わってしまい、なんとも中途半端なところで映画を切り上げてしまいました。

続きがめちゃくちゃ気になります。
アマゾンプライムにもないんですけどどうしましょう。テレビでやるまで我慢するしかなさそうです。

それで、映画とは無関係なんですが。
最近知人から聞いた話で、木村拓哉を都内のスタバで二回連続見かけたって人がいるんですけど、一人で居た木村拓哉さん、

‘カメラ向けんじゃねえぞ’
‘声かけてくんじゃねえぞ’

なオーラを放出していたそうで怖くて見ることも憚られるぐらいの感じ悪い存在感だったそうです。
まあそうでしょうね。怖そうですよね。

なんて報告している私ですが、お前は一体木村拓哉を嫌っているのか?と問いつめられれば全然嫌ってないです。むしろ好きです。映画やドラマに関しては木村拓哉が出ているならつまらないだろう・・間違いなく見ない!と思いますけど。

この「検察側の罪人」は面白いですよ。多分最後まで見ても面白いと思います。
前半しか見てないのに言えることじゃないですが、多分お勧めです。



最近では劇場で

「女王陛下のお気に入り」
「グリーンブック」
「運び屋」

を見てるのですがまた感想をおいおい書くので読んでやってくださいね!




普通に飲んでいてまた酔い気味なのでもう寝ます。

訪問ありがとうございます!
おやすみなさい。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村/span>


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「鈴木家の嘘」 木竜麻生 加瀬亮 原日出子 岸部一徳


先日私たち夫婦の結婚記念日で、毎年恒例になりつつある、映画鑑賞に行ってきました。



「鈴木家の嘘」 木竜麻生 加瀬亮 原日出子 岸部一徳 
野尻克己 監督 

suzukikenouso.jpg






コメディぽい風合いにしているのかと思いきや・・
重いです。



鈴木家の長男(加瀬亮)が自分の部屋で自殺するところから物語は始まります。

あまりのショックから目覚めた母(原日出子)は、息子が死んだ前後の記憶を失くしていました。
死んだ長男の妹と長男の父は、そんな母の身を案じ、長男が死んだことを言い出せません。

嘘に嘘を重ねていき、母も元気を取り戻していきました。
しかし実際はこの世にいない長男です。このまま嘘を突き通せるわけがありませんでした。



重い話は好きな方ですが、これはちょっと辛かったです。

考えさせられるというのでもなく、ただその悲しい出来事を受け入れていく、という淡々としているけれど随所で辛くなる映画です。

これが監督デビュー作というこの監督さん、脚本も書いているそうで自身のお兄さんが実際に過去自殺してしまっているそうです。

退屈なつまらない映画、というわけではないのですが全般辛いので見られる方は体調万全で心も大丈夫な時に臨んでください。



この映画は結婚記念日には相応しくなかったです。
失敗ではないけれど。


当初の予定では、面白そうな是枝監督監修の
「10年」
を観よう!ととても楽しみにしていたのですが、既に新宿での4時ごろからの上映しかなく、諦めました・・・。
次に観たかった中村文則さんの

「銃」

と、菅田くんの

「生きてるだけで、愛。」

と迷いに迷ってこれにしてしまいました。

「10年」は是非是非劇場で観たいのでなんとか観る機会を探したいです。
「銃」と「生きてるだけで、愛。」はちょっと面白くないかもしれない匂いを感じるので今のところ見ないままで・・。




さて話は変わり!

小4娘を連れ実家を訪れた時のこと。

長い電車での移動中、私達が座っていると、だんだん込んできた車内の割と近いところに欧米人らしき家族(父母と小学生ぐらいの兄妹)が乗ってきまして。

私はその辺でウトウトとし始め覚えていないのですが、娘が言うには、その外国人ご家族の妹が空いた席に座り、兄が車内の地べたにぺったり座り込んじゃったんですって。

それで、うちの娘がその男の子に席を譲ってあげたかったそうで(何故ならカッコ良かったから、だそうです。笑)、でも何と言って席を譲れば良いのか英語が分からなかったので譲れなくて残念だったんですって。(ちょっと私を起こして聞いてくれればよかったのに)

その家族連れが下りてからこの話を聞き、
「そういう時英語でどう言えばよかったの?」
と聞かれたので、出川イングリッシュならぬ、ふゆこ イングリッシュで適当にこんな感じじゃん?と教えてあげました。(たぶん違う)

取り敢えずその状況なら英語で話さなくてもドーゾ、って席を指差せば分かると思うけどね、とも言いました。

こういう些細な事をきっかけにしてでも英語に興味が湧いてくれたらいいなと思います。



もう年末にさしかかってきましたね。
また年賀状に追われたり、仕事でも年末はやることが増えるしなんとなく気ぜわしいですね。

そうそう、みなさまのお宅にはサンタは来ますか?

もううちには今年から来なくなります!!バイバイサンタ!!


一番下の小4の娘がとっくに信じていなさそうなのでもう架空のサンタに来てもらう茶番はやめです。

クラスの1/4しか「サンタいる説」の子はいないそうで、仲良しの友達は「サンタはいない」と言い切っているそうですし、うちの子たちの愛読している‘斉木楠雄のΨ難’にもだいぶ前に友人ミリリーからお借りしてうちの子全員読んだマンガ‘ただいまのうた’にもお父さんがサンタに着替えるシーンみたいのが出てきちゃってますのでもうとっくに限界ですし。

まだ小さい邪心のない天使のようなお子様のいるお宅では、サンタに関する一連を楽しんでくださいね!




いつもながらどんどん脱線してしまいましたがこのへんで皆さまを解放いたします。
お付き合いありがとうございます。また来てください。


おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「三度目の殺人」 役所広司 福山雅治 広瀬すず  


「三度目の殺人」 役所広司 福山雅治 広瀬すず
2017年   是枝裕和 監督







テレビからの録画にて鑑賞です!

公開時観たかったのに逃していたので楽しみにしていました。

・・・が。面白かったけど不燃焼な気持ちにさせられ、(それが監督の意図だとしても)私の好みではありませんでした。




        


三隅(役所広司)が河原で男性を殺しているところから始まります。

三隅の弁護についた弁護士の重盛(福山雅治)は、三隅の罪を死刑から少しでも軽くなるよう頑張るのですが、何度も三隅と接見するうちに三隅のコロコロ変わる話に翻弄され、対策が変わっていきます。

三隅に殺された(とされる)被害者である男の妻(斉藤由貴)やその娘(広瀬すず)には秘密があり、話が進むにつれそれがだんだん分かってくるのですが、被告の話と食い違い何が真実か分からなくなります。

冷静沈着そうな弁護士も翻弄されていきます。

三隅の罪はどうなるのか、弁護士はどこまで罪を軽くできるのでしょうか。


        



後半になると、おお!これはもしかしてイイ話なんじゃないのか?!と思ったのですが結末がこんななので残念でした。


「この後は視聴者のご想像にお任せします」的な映画は好きですが、これはいただけません。
せっかく面白かったのに結末これではがっかりです。ちゃんと分かりやすくカタをつけて欲しかったです。


そうそう、被告役の役所広司さんの何とも言えない表情(内容が嘘なのか本当なのか分からない)だけはとても良かったです。


そんなわけで気になる方はご覧ください。
ですがお勧めはしませんし観ないで消しちゃっても損はないと思います。
(毎度のことながらこの映画好きな方いたらごめんなさい。)



訪問ありがとうございます。
また来てください。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる