FC2ブログ

「寝ても覚めても」 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ

「寝ても覚めても」 東出昌大 唐田えりか 瀬戸康史 山下リオ
濱口竜介 監督 2018年


寝て覚め




       
大阪で主人公の朝子(唐田えりか)と麦(東出昌大)が恋に落ちるところから始まります。
この出会いは相当ヘンテコなので突っ込みたいところですが本人たちも周りもそれを自覚しているので良しとしましょう。


自由気ままで捉えどころのない麦を朝子はとても愛するのですが、突然麦は朝子の前から姿を消してしまいます。


見つからないまま時は経ち、朝子は東京でカフェの店員をしています。
ある日朝子は、かつて消えてしまった恋人の麦にうり二つの顔をした亮平と出会い、動揺します。

「麦?」

と思わず呼びかけるのですが怪訝そうな顔をされて終わります。

ですがその後、縁あって朝子と亮平、朝子の女友達(山下リオ)や亮平の同僚(瀬戸康史)の4人は友達になり、朝子と亮平はお互いを好きになります。


このまま麦を忘れ、麦にそっくりな亮平と幸せに暮らしていけそうに見えました。




      



大変面白かったです!!

ちょっと激しさが韓国映画っぽいなとも思いました。


前半はやや退屈なぐらい静かですが、朝子が大阪時代の友達とショッピングセンターでばったり遭遇するあたりから不穏な空気が流れ始め、ハラハラ面白くなってきます。

きっとこうなるんだろうな、と思うところは全部ちゃんと裏切ってくれました。



‘ここでその行動は違うだろ!人間としてどうなんだ!!’

と突っ込みたい対象が2人いますが、でも恋とはこんなものなのかもしれないな、とも。

心から愛していて自分の生活全てが彼になってしまうぐらいの恋だったら、他人の心をどんなに傷つけ痛めつけようが、自分と愛する人以外のことなんてどうでもよくなってしまうのだろうか。

なんてことを考えてしまいました。

バドミントンで女友達と遊んでいた朝子が、女子高生の話す言葉を聞いて弾けるように歩き出すシーンがあるのですが、そこだけはウルルッとしました。そんなにも思いが強かったのか、と。

頭ではダメだと思っても心は抗えないことってあるかもしれませんね。


友達と一緒に見て、話し合いたい映画でした。(私は一人で見たので話し相手はいません)



それから、東出さんが麦と亮平の二役を演じていますが、麦役の方がおそらく99%ヅラだと思うのですが、自毛でなんとか工夫して奔放感を出して欲しかったです。髪型が気になって気になって。似合わないし。

スーツ姿のサラリーマン役はとても似合いますがどうにも麦の方は違和感ありです。
ここはスーツもダメ男な感じも似合う人の方が良かったのではないでしょうか。ってじゃあ誰だよ、と言われると思いつきませんけどね。
東出さんを好きじゃないからそう思ってしまうのでしょうか。



そして、今回も自分が忘れないようにネタバレを下に書きますので絶対見ない方、映画に興味ない方は読んでやってください!(だからそもそも興味なかったら読みたくもないですってばね。)



訪問ありがとうございます!

よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






ネタバレます!














亮平と付き合い始めた朝子は亮平を本当に好きになり、亮平の仕事の関係で大阪へ戻り一緒に暮らす(結婚?)ことになりました。

2人が東京でショッピングをしていると、昔大阪で仲の良かった女友達にばったり会います。
その女友達から、昔朝子の前から忽然と消えた麦の現在の姿を知らされます。

モデルになり海外でまで活躍してしまうちょっと有名人になっていた麦を朝子は知りませんでした。


顔がうり二つの恋人である亮平に、誠実でいるためにも

「昔の恋人があなたにそっくりだった(だから好意を持ったのかもしれない)」

ということを伝えなければ、と思い結婚の前に伝えます。
それを聞いた亮平は

「気づいてたよ。でも自分が麦って人に似てたから朝子とも出会えたんだし」

と広い心で受けとめてくれます。なんて良い男!!


そんな良い男の亮平を朝子は裏切るのです。
東京で朝子を見つけた麦は、朝子の前に再び現れます。


朝子、亮平、友達2人と楽しく会食している時に、麦が突然現れます。

そして朝子に

「来たよ。行こう」

みたいなセリフ(覚えていません)を吐き手を差し出すのですが、なんと朝子はその手を掴み、麦についていってしまうのです。

過去自分に黙って突然消えてなんの音沙汰もなかった昔の男が目の前にいて、そのことを責めたり問い詰めたり怒ったりもせずついていっちゃうんです!!

朝子を愛していた亮平は激しく傷つき打ちのめされ、朝子を憎悪します(たぶん)。

そんなこんなで携帯も捨て、麦にノコノコついていった朝子でしたが、北海道へ向かう車でふと何かに目覚め、

「やっぱり亮平のところへ戻らなくちゃ。(あなたとは行けない)」

と麦に言います。アホなダメ男の麦は

「わかった」

とその場に朝子を残して車で去ります。

そこでもしかしたら朝子は何もかもに絶望して海に飛び込むんじゃないか、自殺してしまうんじゃないかと思いましたが、シレ~ッと大阪の新居になるはずだった亮平のアパートへ向かいます。

もちろん亮平はそんな調子のいい朝子を許すはずがありません。

帰れ!二度と現れるな!

と声を荒げますが朝子は亮平にすがります。


そして亮平はこんな状態を受け入れはしないけど

「二度と君を信じることはできない」

と言いながら朝子と暮らしていくような感じで終わります。

亮平にはどうか幸せになって欲しいです。



ここまで長ーく読んで下さった方がいらっしゃいましたら、どうもどうもありがとうございます♡










テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「君の膵臓をたべたい」 浜辺美波 北村匠海 小栗旬


「君の膵臓をたべたい」 浜辺美波 北村匠海 小栗旬 北川景子 
2017年  月川翔 監督





またまた、テレビからの録画にて♫





とても!とても良い映画でした!!




余命モノは大嫌いな私ですが、、、


先に観た娘が

「お母さん、これ余命わずかなやつだけど大丈夫かもよ?見てよー」

と言ってくれたことと、いつもお邪魔していますブロガー様が紹介されていた感想記事を読み(この映画は観るつもりなかったのでがっつり読んだ)、ちょっと見たくなっていたのでやっと重い腰を上げての鑑賞です。



‘私は余命わずかですよ!
だから私のセリフは何を言っても泣けるし人から言われたセリフも泣かせます!
ハンカチとティッシュの用意はいい?
さあ泣いて!!!’



と訴えてくるものではありませんでした。


余命モノなのに別格です!!(余命モノ余命モノうるさいですね。すみません)



        


さてお話です。



地味で友達のいない、人に興味がない「僕」(北村匠海)は、病院の待合室でカバーのかかった文庫本を拾います。

開くとそれは

「自分は膵臓を患っていて余命わずかだ」

という闘病日記のようなものでした。


そんな衝撃な内容を見てしまい、さらに持ち主がクラスメイトの人気者女子さくら(浜辺美波)だと分かっても、他人に興味がないので「僕」は動じません。

思いがけずさくらの秘密を知ってしまった「僕」とさくらはこれを機に話すようになります(一方的にさくらが近づいていくだけですが)。

他人に興味のなかった「僕」ですがさくらが自分の領域に入ってきたことに依り少しずつ変わっていきます。

さくらは本当に死んでしまうのか(余命モノっていうからには死んでしまうのでしょうけど)、‘その時’に向けて残された時間をどんな風に生きるのでしょうか。


        




映画館で観てもよかったかもしれません。
さくら(浜辺さん)と桜がとてもきれいなので!

チープな恋愛映画ではありません。
というより恋愛映画ではないですかね。

毎日を大切に、自分と関わってくれている人達を大切にしようと改めて思いました。


私の記事では良さは伝わらないので「観たい!」と思わせてくれたこちらの記事へどうぞ→つかりこさんち


・・と、つかりこさんに丸投げして終わります。




あ、そうそう。
今日はちょっといい事があったのでみんなにミスドを買って来ました。


ハロウィンバージョンですね。
ミスドハロウィン




私が食べたのは(つまり子供達が選ばなくて残ったのは)、この気持ち悪いやつです。

ミスハロ

見た目は悪いですが紅茶生地ですごく美味しいです!!
この気持ち悪いものをかじる勇気がありましたら、お勧めです。




訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「フィッシュストーリー」 多部未華子 濱田岳 高良健吾


「フィッシュストーリー」 多部未華子 濱田岳 高良健吾 大森南朋 森山未來   
2009年  中村義洋 監督   伊坂幸太郎 原作





先日のテレビ放送からです。


タイトルからだと全く内容わかりませんでしたが、取り合えず気に入っている多部未華子さんの名前もあるし斎藤和義(好きです)が音楽担当とのことですし、大大大好きな「アヒルと鴨のコインロッカー」の監督、原作の方でしたので観てみました。


序盤からちょっと好みじゃない感あったのですが最後まで観ました。



内容はこんな。




あと5時間で彗星衝突の為、人類が滅亡しそうな現在から始まり、過去へ行ったりまた現在に戻ったりしながら話が進みます。

「フィッシュストーリー」という曲とそれを歌う‘逆鱗’というパンクバンドが中心になっています。

最後に向かってだんだんと話が繋がっていき、ああ、こういうことだったんだね、と分かるのですがそれにしてもあんまり私には面白くなかったです。


以上、ほんのちょっとの感想だけで終わります。

これもネタバレしないべき映画です。
録画された方はせっかくなので観てみてください。っていう程度には勧めますが借りてまで観るほどではありません。



ただ、見て良かったなと思ったこともあり♫

まずは多部未華子がとんでもなく可愛い!(いつも可愛いけど)
森山未來なんてかっこいいと思ったことにのにここではかっこいい!
高良健吾はどっちかというと嫌いな方なのにここでは歌声も含め、坊主頭がかっこいい!
そしてこの「フィッシュストーリー」の曲が、いい意味で耳について離れません!一度見ただけで結構頭に残ります。



中村義洋監督、伊坂幸太郎ペアでもこちらはオススメです→過去記事「アヒルと鴨のコインロッカー」


そして作家と監督、同じペアでもう一つ、こちらはオススメしません→過去記事「ポテチ」




生まれ変わったら多部未華子の顔がいいなーと思います。

tabe.jpg

なんて可愛いのでしょう!!
この容姿で青春時代を過ごしてみたかったです。


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「カメラを止めるな!」 上田慎一郎 監督 


遅ればせながら観ました。

「カメラを止めるな!」 上田慎一郎 監督 
(出演俳優さんはたぶんほぼ無名です。一人も知りません。でもこのポスターの女の子、見ているうちに可愛くなります)


カメラ止




私は知らなかったのですが主人から

話題だよ、口コミで広がってるらしいよ。観ようか。

と言われたままなかなか行く機会がなくこのままでは逃してしまいそうなので私一人で行ってしまいました。
友人Oさんのレビューも読み、見たくなっていたので・・。


といってもOさんのブログでは内容についてはほとんど触れておらず

・始めの30分はただただうるさいだけで面白くない
・席を立ってしまった人が3人ほど

ということでしたので、この情報しかないままの鑑賞です。



30分ほどは面白くないんだなと覚悟していたのですが私は平気でした。というかこういうジャンル?に慣れてないのでちょっと面白くすらありました。ただこのまま進んだら精神的に?映像的に?キツいな、とは感じたのでここだけ我慢だなということは予め知っておいてよかったです。

そして私の見た回でも、15分ぐらい経過したところでしょうか、年配ぽいご夫婦が退出しました・・・。笑

ああ、あの方達が少し我慢すれば大丈夫なんだよってことをご存知だったら耐えられたかもしれないのになあ、と残念です。
いや、もしかしたら最後まで見ても好みではなかったかもしれないですが。



さて、私は、とても面白かったです!!
ただ、リピートするほどではありませんし、だれかれ構わずには勧めません。

う~ん、、こういう面白さだったのね!と納得。



欲を言えば公開当時(6月?)に理由なく

‘ちょうどいい時間のはこれしかないからこの映画でも見てみるか’

という感じで話題にもなっていないうちに見てみたかったです。
この度は若干、「人気あるのだから何かが面白いはず」と評価を無意識に上げてしまっていたかもしれませんので。


もうここまで有名になってしまったら嫌でも耳に入ってしまいそうですが、せめて身近な方からの詳しい情報が耳に入らぬうちに見ることをお勧めします(あ、お勧めしちゃった・・)。
是非是非!ではないです。


レビューも公式サイトなんかも読んじゃダメですよ!見終わってから読んでください!!



訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「きみはいい子」 高良健吾 池脇千鶴 


こんばんは。

コーヒー牛乳割り


美味しいコーヒー牛乳酒からの今日です。



雨が上がり暑くなった神奈川ですが、、
全国各地、どうかこれ以上台風被害出ませんように。



さて、「きみはいい子」紹介です。



「きみはいい子」 高良健吾 池脇千鶴 尾野真千子
呉 美保監督 2015年




小学生の担任をして間もない新米教師(高良健吾)、一人暮らしで少し認知症がある婦人と障害のある子との出会い、人前では普通に振舞っているけれど家に帰ると娘に虐待してしまう母親(尾野真千子)と仲良しのママ友(池脇千鶴)。

話はリンクしませんが、同じ町にいて並行してそれぞれ話が進みます。


かなりネタバレしますので見られる予定の方は読まないでくださいね!





こんな担任だったら子供達をまとめられないだろうなと思えるダメっぷりの岡野先生のクラス(小4)では、明らかにいじめられている子がいたり、義父に傷つけられている男児がいたりしますが、岡野は本気で助けようとしていません。

そしてもちろん学級崩壊しています。

学校シーンは全般見ていてイライラします。


受け持ちの子供達や親からのクレームに相当疲れている岡野が家でぐったりしていると、姉が連れてきていた自分の子供(幼児)に姉が

「おじさん(岡野)にガンバッテって言ってあげな」

と言います。
それを聞いて岡野はうるさそうに

「もういいよ、そういうのも。疲れてるからやめて。」

と本気で迷惑がるのですが子供は寄っていってしまい、岡野に無邪気に抱きつき

「ガンバッテ」

と何度も言います。

このシーンだけは良かったです。


これがきっかけで、岡野はその後自分のクラスで

「今日の宿題は家族の誰にでもいいので抱きしめられてきてください」

と子供達に宿題を出します。


その一見イキな宿題はまあいいのですが、どう見ても抱きしめてくれる親などいない子もいるのにそんな酷なお題を出す担任ってほんとにどうなんだろうと思います。
そのフォローがないのが辛いです。

早く一人前になってきちんと困っている子を助けてあげて欲しいです。
子供がSOSを出しているのに逃げているようでほんとに腹が立ちます。




そして・・

幼児の一人娘がいる水木さん(尾野真千子)は、旦那さんは外国へ単身赴任していているので一人で苦しそうに子育てしています。

娘が飲み物をこぼしたり、外でお友達と何かあったり、ちょっとしたことで怒り狂い、娘に手をあげ、何度も殴って子供の身体には痣ができています。

毎日公園に行っては表面上だけママ友と付き合っていますがいつもつまらなそうにしています。
そんな中、水木と娘に優しく親し気に接してくれるママ友(池脇)がいました。2人の子供を連れている彼女はいつも水木の娘にも優しく接してくれ、

「べっぴんさん」

と呼んでくれます。

そんな優しい彼女に対してさえ疎ましい顔を向ける水木ですが、その荒んだ心をこのママ友が助けてくれます。





退屈ではありませんが映画としては全体的に辛くて苦しく重い雰囲気の映画で、良い映画とは思えませんでした。

ダメ先生役の高良健吾が私は好きでないからかもしれませんが。

虐待母役の尾野真千子とママ友役の池脇千鶴だけはとっても良かったです!!

監督は「そこのみにて光輝く」の人です。(良かったら過去記事もお願いします。→そこのみにて光輝く


お勧めではありませんが好きな俳優さんがこの中にいましたら見てもいいかもしれません。

    

      (※虐待シーンはアレですが子供も一緒に見てマズいシーンはありません。)



訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中2♂、小6♂、小4♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる