FC2ブログ

「ひとよ」 佐藤健 松岡茉優 鈴木亮平 田中裕子 佐々木蔵之介


「ひとよ」佐藤健 松岡茉優 鈴木亮平 田中裕子
2019年  白石和彌 監督

hitoyo.jpg




母(田中裕子)が子供達に暴力を振るう夫を殺すところから始まります。



そしてその15年後、服役を終えた母は成長して大人になった3人の子供達の元に戻ってきました。

突然の母の帰宅に、静かにですがワッと喜んでしまう可愛い娘(松岡茉優)とは違い、母とどう接して良いのか迷う長兄(鈴木亮平)と次男(佐藤健)でした。
長男はそれでもいつも穏やかで皆に優しく、次男は母に露骨に気持ちをぶつけてきますし常に周りに感じ悪く接しています。

(理由はどうあれ)殺人したのにこんなにもすぐに元の場所におさまれるものなのか?というぐらい普通に暮らせているかのように見えた家族。

しかし15年の間には母の知らない子供達の苦しみがありました。殺人者の子供ですからね。



どうしようもなく重い話ですが、そしてこの監督さんの作品は後味を悪くさせる、と勝手に想像で決めつけていましたが・・・


後味よし。(私にとっては)

実に面白かったです。
面白かったという形容はふさわしくありませんが、良い映画、とも言い難いし。


子供の為とはいえ、夫を殺してしまった人の家族の行く末はどうなると思いますか?

この子供達の性別の構成(兄、兄、妹)がうちと同じなことと、母が殺人を犯してしまった時の子供達の年齢設定が今のうちの子達ととても近かったこともあり(正確には分かりませんでしたが)、自分ならどうしただろう、と考えずにいられないです。

お父さんに激しく暴力振るわれている子供達のシーンは短い間でしたが見ていられませんでした。
目を覆いますよほんとに。回想シーンでしたが

「お願いだからもうやめて」

って涙出ました。


そして子供を心から愛しているから罪を犯した母の想いにも泣きますし突然母がいなくなってしまう(刑務所いくから)状況の子供の心情にも泣け、どうしていいのかわからないやけっぱちな生活の次男や、長男の嫁の気持ち、など数々涙出るとこがあり、でも感動の涙、というわけではないし。

退屈するシーンは一つもありません。ノンストップで面白いです。

それから・・、タクシー会社に入ってきた新人ドライバーの堂下(佐々木蔵之介)が最初っからちょっと変な感じは出してるんですが、思いがけずだんだん話に入り込んできて主役か?ってぐらい関わってきます。

佐々木蔵之介、どうしても好きじゃないですけどこの中ではとてもとても良かったです。
っていうかみんな良いです。同じく好きじゃない松岡茉優もなんかとても良かったです。当たり前ですけど上手いんでしょうねー。


PG12ですが、小学生は見ない方がいいです。
高校生ぐらいならギリいいかなあ・・・どうしても見たいなら、っていう程度です。


万人にお勧めではありませんが多分

「後味悪い嫌な映画だったな」
「つまらなかったな」
「駄作だ」
「退屈で寝た」
「この監督のは二度と見ない」
「劇場で見るほどではない」

ということには絶対なりません。(とかいってレビューにいっぱいこんな意見あったらどうしよう)


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「真実」 是枝裕和 監督  イーサン・ホーク カトリーヌ・ドヌーブ ジュリエット・ビノシュ


「真実」 是枝裕和 監督  
イーサン・ホーク カトリーヌ・ドヌーブ ジュリエット・ビノシュ
2019年 日仏 


真実 映画



大女優のファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)が自伝(‘真実’というタイトルの本)を出版したことを祝うため、娘のリュミエール(ジュリエット・ビノシュ)とその旦那さん(イーサン・ホーク)と娘がファビエンヌ宅にやってきます。


久しぶりに一緒に過ごす母娘達ですが、昔からその仲は上手くいっていませんでした。


母の書いた自伝本の中身を読んだリュミエールは

「ここは嘘だ。実際は違うじゃないか」

「どうしてあの人の名前が登場しないのか」

などと母につっかかり、母娘仲は改善しません。
でもリュミエールは娘を連れて母の撮影現場に行ったり、とまあまあ楽しく過ごします。


ファビエンヌが撮っている(撮られている)映画は母娘関係の話なので、その役を演じながら(娘は近くで見ながら)自分たちの関係とリンクさせてあれこれ思いめぐらせていそうです。


        




特に大きな事件は起きず、静かに始まり静かに終わる映画でした。

私はこういうのが嫌いではないので面白かったです。

「是枝監督」ということでそんな目で見てしまっているから、是枝監督っぽいのか日本ぽいのか分かりませんが、監督の国籍不明で何も先入観なく見てみたかったです。

この映画の中でカトリーヌ・ドヌーブ演じる大御所女優(役も大御所女優役)が今撮っている(撮られている)映画があるのですが、話が面白そうでした。


そうそう、この映画内容とは関係ないのですが、この劇中劇見てて思い出しました。

娘役のジュリエット・ビノシュって昔何かの映画でダダこねて?、監督にラストシーンだったか何か重要なシーンを変えてもらったっていうのを聞いたことあるのですが(それ聞いてから割と嫌いでした)、是枝監督にも何か意見したのかなぁ、、なんて思ってしまいました。





話はこの映画に戻りますが、、、可愛い女優を見つけました!!

この劇中劇の中でカトリーヌの母役を演じているそこそこ若い女優さん(ほぼ老女であるカトリーヌの母役なのに‘若い’理由は観ていただけると分かります)がとても気に入りました!!
マノン・クラヴェルという女優だそうで(映画の役名もマノンでした)、美しい容姿なのに、かなりなハスキーボイスなのがとてもステキでした。
調べてもイマイチ分からないのですが、新人さんなのでしょうか。
どなたかこの女優のことご存じだったら教えてください。



さてそして・・・、監督だけで見たかったわけではないこの映画、私の昔の男(←私って気持ち悪いですがどうか大目に見てやってください)イーサン・ホークが出ているのです。

登場シーンからお腹の出ているダッサい感じのイーサンは役もアル中ぽくてダメな売れないテレビ俳優なのですがやっっっぱりイイ男です!

こんなにもれっきとしたオジサンなのに!
お腹出てるのに!
顔も老け老けなのに!

かっこいいのです。
あまりにも好きだった人って無関心にはなれないものですね。(←ほんと気持ち悪くてすみません)




よかったら、よかったら、でいいのでイーサン出演作の過去記事もよろしくお願いします。(これらも結構気持ち悪いですけど)


恋人までの距離
生きてこそ
ガタカ
テープ
その土曜日、7時58分
プリデスティネーション
ブルーに生まれついて
6才のボクが、大人になるまで。

こんなにイーサンレビューを書いてたんだな自分。
もっともっとあるんですけどね、出演も主演作も!



いつもすみません、話は逸れましたが、フランスの有名女優が2人も出ている是枝監督の「真実」、誰にでもお勧め!ってものではありませんが静かな映画が好きな方にはお勧めです。




訪問ありがとうございます。
また来てください。
良い晩酌を。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「8年越しの花嫁」 佐藤健 土屋太鳳


8年越しの花嫁
2017年  瀬々敬久 監督
佐藤健 土屋太鳳

8nenn.jpg



今日はちゃんと観た映画のレビューです(それが普通)。



プライムビデオで久しぶりに何か映画を観よう!!

とアレコレ選んでこちらに決定。
どれ見ようかなって選んでるだけで1時間過ぎましたよ。
1時間も経つのなら、この間に短いの一本観れちゃいそう。
どんだけ暇なんですか自分。



さてこの映画、テレビでも既にやってましたよね、たしか・・。

タイトルはもちろん知ってましたし実話ってことも知ってますしタケル主演ということも認識していましたが、なんとなく余命モノではないにしても病気モノってのがなー苦手だなーと避けてきました。

でもきっと花嫁っていうからには結婚するんだろうしハッピーエンドだろうし、ということで観てみました。

この花嫁になる人とその彼の馴れ初めから結婚するまでの話です。

        

        


結婚を間近に控えた尚志(佐藤)と麻衣(土屋)。
式まで予約していたある日、麻衣が突然発狂し救急病院へ運ばれます。


病気はとてもよく聞くものですが、この症状が起こるのは300万人に一人、と言っていたでしょうか。
このまま一生眠り続けるかもしれないし目覚めるかもしれない、という先の見えない状況に置かれた麻衣。

こんな状態になってしまった婚約者を、尚志は

‘必ず目覚める’

と信じ、日々の他愛のない動画を撮り始めます。
ベッドで眠る彼女とのツーショットや自分が作って失敗した料理、行く先々でも撮ります。

これは、麻衣の目が覚めた時に見て笑ってくれるようにという優しい尚志の願いから始めたことでした。

なかなか目が覚めない麻衣の両親は絶望し、尚志に

「もう来ないでくれ」

と頼みます(尚志を思って)。
それでも尚志はくじけずに病院に通い続けます。

やがて麻衣の両親や尚志の願いが届き麻衣は目を覚ますのですが、頭の中は幼児以下の状態なので一から全てを教えてやらないといけない状態になっています。

身体的なリハビリも続けながら、幼い子供に教えるように色々なことを一から教えていきます。

やがて記憶も戻ってきたようなのですが、婚約者に関することの一連が何も思い出せませんでした。

それでも甲斐甲斐しく麻衣に付いて見てあげている尚志でしたが、自分のことを思い出せなくて苦しんでいる様子の麻衣を見て辛くなってきます。

このまま自分は婚約者として麻衣の側にい続けていいのだろうか、彼女は自分を知らない状態だというのに。
と悩む尚志はある決断をします。



        



馴れ初めや目覚めてからのセリフ1つ1つのどこまでが実話なのか分かりませんが、婚約者への捨て身の見返りなしの愛が溢れている話でした。
こんな人、いるんですねぇ。

8年ですよ8年!(といっても寝ている間と目が覚めてから含めての8年ですけどね)

婚約者とはいえ、そこそこ長い間連れ添った夫婦ではないわけなので、若い2人だしいくら愛がピークの時だといってもそこまで待てますか?

目覚めたりリハビリで回復しているし、それなら期待して待てるでしょうか。
8年・・・めちゃくちゃ長いですけど。



自分ならどうするだろうか、と考えてしまいます。

もうこの人しかいない、例え恋人の目が覚めなくても他の人とは一緒になることはない。一人で生きていく。

というぐらいの気持ちなら待つかなぁ・・


そして、尚志がせっかくコツコツ撮り、(目覚めた時の麻衣へと)送信し続けていた動画ですが、麻衣は目が覚めたときに自分の携帯の暗証番号を覚えていないのです。
依ってメールをくれていることに気付かないのです。


その後、麻衣が暗証番号を

「もしかしてこれでは・・?」

とドキドキしながら打ってみるシーンがあるんですけど、そこと最後の最後に尚志が麻衣からの言葉に返す一言が胸を打ちます。


こんなこともあるんだな、こんな素晴らしい人もいるんだな、という意味でも観てよかったです。

それから、土屋太鳳さんが好きでない私ですがこの中ではとっても可愛く美しく見えました♡
(♡つけたけど好きではないです)


お勧めではありませんが、見て損はないです。
時間の無駄にはならないです。






先ほど、娘が学校行事の日にちを確認したくて私のスケジュール帖を見ていたのですが、返してくれる時に遠慮がちに

「お母さん、何か私達に隠してることあるの?」

と言うので

「ないよ。なんで」

と聞くと、このページを開いてきました。


手帳真実

私は絶対に観たい映画がある時に逃さないようこのようにスケジュール帖に書き込んでいるんですけど。
「真実」っていう是枝監督の、昔(勝手に一方的に)結婚予定だったイーサン・ホークが出ている映画を今回も書いていたのですが、娘はこれを、

「隠している嘘の‘真実’を公開(告白)する日」

だと誤解したようです。

なんでしょうね、

「あなたは実は本当の子供ではない」

とかそういったことを告白?
映画だよと聞いて安心して笑っていましたが、私に言わないで主人に

「お父さん、お母さんがこの日に何か告白するみたいだよ」

と報告し、二人で当日を待ってくれたら面白かったのに。

だいたい嘘や秘密なんて誰にでもあるでしょうけれど、スケジュール帖に予定書く秘密なんてあります?

まったく・・可愛い娘です。
8年越しの花嫁、の映画のように深い愛を持つ男の人と結婚して幸せになってくれることを願います。

と無理やり本題の映画に戻して終わります。



昨日、この記事を書き投稿したはずなのですがさっき確認したら編集したものが消えていてびっくりしました。
確認してから寝たのですが・・・なんだったのかなあ。
今度こそ投稿できますように。


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「かぐや様は告らせたい」 平野紫耀 橋本環奈

こんにちは。

今日は濃い目のトリスでスタートです。


濃いトリス 2019





パート先からもらった期限間近の保存食のパン缶詰をつまみながら。

保存パン缶保存パン2


ほんのすこ〜しですが納豆ぽい香りがしました。イーストでしょうか。
美味しかったです。
でもこれ1缶食べたとしても食べ応えなさそうです。ふわっふわで。


そして、主人が先ほど仕事帰りに買ってきて子供達と食べていたスナック菓子ですが、、

肉球には見えない

ライオンが右手をこちらに出してるの分かりますか?
これ、パッと見、カエルの顔に見えますよね?

「うわっ!!なにこれライオンとカエルじゃん!!どういうスナックよー気持ちワル!」

と言ったところ、主人に

「何を言ってるんだ。ライオンの肉球じゃないか。」

と正され、まあよく見れば肉球に見えなくもないね、と納得しました。
でもこの製品作った時きっと誰か気づいた人いると思うんですけどね。止められなかったのでしょうか。




気持ち悪い話はこのぐらいにしまして・・


観たわけではない映画のお知らせにまいります。

「かぐや様は告らせたい   天才たちの恋愛頭脳戦」
河合勇人 監督    平野紫耀   橋本環奈 ・・・だそうです。

kaguya.jpg







主演2人が大好きなうちの小5娘が友達2人とワイワイキャーキャー観に行った映画です。
人気原作は読んだことなくの鑑賞です。

生徒会の会長(平野)、副会長(橋本)がお互い好き同士なのにプライドが高いので自分からは告白せず、相手からなんとか告白させよう!と頭を働かせるドタバタラブコメディー(←これは私の想像の言葉ですので違うかも)です。

泣き所はなし、笑い所は多々あったそうです。

ただ、一緒に行った友達の一人が

「(平野が)かっこ良過ぎて泣けた」

と言っていたそうですので(可愛いなあ!)、そういう方には泣けるのかもしれません。

行ったのは日曜日の昼間ということもあり劇場は満席、大半が女の子の友達同士、または一人の女性、または「お母さん(私)みたいなオバさん同士」、カップル、だったそうです。

あと医者役の佐藤二郎が面白い、とのこと。

そして
「かっこいい人見つけたよ。名前調べるね」
と私のスマホで調べて教えてくれた俳優は
ゆうたろう
という人でした。(知らん)

yuutaarou.jpg



「へーえ。ほんとだ。すごく若そうだねー。なかなかカッコ良さげだね!写真だけじゃわかんないけど。」

と、同意しましたが、一緒に行った友達2人にそう言ったら

「私はあんまタイプじゃないなー」
「私もー」

というお返事だったそうです。

なんだかすごくどうでもいいこと書いてますね、今日も。すみません。

というわけで、かぐや様は告らせたい、面白いみたいですよ!!
内容全然違ったらすみません。ご自身の目でご確認を!!
是非劇場へ。(私は観ませんけど)

告白させたい相手がいる人は観たら何かヒントを得られるかもしれませんね。(色んな意味で時間がない人は自分から告白しましょう!)


さて、観てないのに偉そうなレビューをするのは今日はこの辺でおしまいにします。

すみませんでした。



また来てください。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「天気の子」 新海 誠監督


「天気の子」 新海 誠監督


poster.jpg


何処かの島から東京へ家出してきた16歳の少年ホダカは、往路の船で偶然知り合った男性のもと、食事付き住み込みで働き始めます。

同じ頃、仕事を失い次の仕事を探している2つ年上18歳のヒナと仲良くなります。
ヒナは強く願えば100%天気を晴れにできる、本物の晴れ女でした。

ホダカが東京へ来てからずっと降り続く異常な雨模様に、このヒナの特技?能力?を利用しよう!と思ったホダカはインターネットで

「5000円で希望の場所を晴れさせます」

と呼びかけ、仕事依頼がくるとヒナとその小学生の弟を連れ仕事に行きました。

長時間ではないけれど必ず晴れにできるヒナの噂は広まり仕事依頼も増えていきます。


しかし人の力で天気を変えるなどできるわけがない、できてはいけません。
こんな事をしているヒナには大きな代償がありそうです。




           



アニメもファンタジックなものも好みではありませんが、小5の娘に、トイストーリー4かこれを観ようと誘われ

「トイストーリーは一度も見たことないし辛いから友達と行って。大好きだった‘君の名は’の監督の方ならじゃあ行くよ」

てなぐらいの姿勢で行ったのですが・・


面白かったー!
ストーリー的には「君の名は」の方がいいですが、面白かったのはこちらかもしれません。
そして泣きますよ。ちょっとこれを耐えるのは無理だなってぐらい泣きます。(あ、娘は涙一滴も出なかったそうですが)

男女が入れ替わったり時空超えちゃう「君の名は」もですけど、これもファンタジーいっぱいなんです。が、どっちもとても好きな私はもしかしたらファンタジーを結構好きなのでしょうか?(って問われてもね・・)

もうそろそろ公開終わるかもしれませんが観られるなら劇場鑑賞をお勧めします。

そうそう、私は気が付かず終わってからの情報で知ったのですが、映画の中に、「君の名は」の主人公のミツハとタキが出てきます。存在感ある登場っぷりなので知っていればすぐ分かります(なのに気づかなかった自分ですけど)。



ああ面白かったな~
またいつかこの監督のアニメでファンタジーなものでも自分から進んで行きたいなと思います。



娘と

「面白かったねー。どのシーンが良かった?ラストどう思った?」

とか

「あの子はあそこでなんであんな事言っちゃうのかね。言わない方が良かったよね」

なんて盛り上がり、さぞかし観られた皆様も楽しんだだろうなーなんて思い、この感想記事をだいぶ書き進めたところで一旦中断して皆様のレビューを読んでみました。



なんてことでしょう・・・!!結構な数の酷評。

ああそうなんですかー・・・

私の「面白かった!!」なんて意見は白い目で見られそうなぐらいバサバサ斬っています(でも言ってることは真っ当)。



というわけで評判は良くないんでしょうかね。
私は面白かったです。好きですが。





さて、映画と関係ありませんが、私は秋から友達と一緒に始めたいことがあり、体験しよう!!とちょっとウキウキしていたのですが今朝主人にめちゃくちゃ反対されていることが分かりとてもテンション下がりました。

主人が嫌なら諦めて違うものを探そうと思います。あーあ・・
体験だけは楽しみにしてたんで行っちゃいますけど!!!


なんて勿体つけた書き方してすみません。始めたら書こうと思っていましたが始めないので書きません。あーあ・・・



まだ飲んでいる方は引き続き良い晩酌を♪

訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる