FC2ブログ

「ミスター・ガラス」 M・ナイト・シャマラン監督

今年の私の劇場映画一回目は楽しみにしていたこちら!


「ミスター・ガラス」 M・ナイト・シャマラン監督
サミュエル・L・ジャクソン  ブルース・ウィルス  ジェームズ・マカボイ  

misuta-garasu.jpg




まあまあ面白かった!

ですが、、、
SPLITアンブレイカブルの続編になっていますこの映画、果たしてこの2作を観ていなくてはわかりにくいですし面白さ半減というか面白くないかもしれません。

アンブレイカブルとSPLITで強かったあの二人が対決したらどんな事態になるのか?…思わず考えてしまうところも、見せて楽しませてくれます。



さて、SPLITでヤバい奴だったケヴィン(写真の真ん中、オデコにシワシワしている男です)が又もや可愛い女子たちを監禁しているところから始まります。

そして変わらず強くて悪人から人々を助けてくれようとしているダン(右の帽子の男)、車いすで顔はぼんやり、話せないような状態の骨が脆いミスター・ガラス(左のモシャモシャ男)。

この3人はある精神科病棟みたいな閉鎖された密室建物内に閉じ込められ、ここで謎の精神科医と名乗る女たちに調べられ管理され、

「あんた達は自分らを特別な存在だと思ってんだろうけどそれ本気かい?よく考えてみ!あんたらの能力は思い込みだろ?」(口調は違います)

というようなことを彼らに話します。

ここから出られずイライラする2人ともう呆けたように何も機能していないかのようなミスター・ガラスさんはこの後この建物内でどうなっていくのか。
特殊能力は本当に思い込みや偶然だったのでしょうか。



途中重要人物でSPLITでメインだった女の子、ケイシーが出てきます。彼女のシーンなんかはもうSPLIT見てなかったらさっぱり分からないですね。見てるからこそのジワるシーンもあるのに。(いえ、泣けませんけどね)



全体的には面白かったけどなんとなく悲しいしラストも好きではないです。


前2作に比べたら全然です。

前作のまま(強いものは強いまま、分からないものは分からないまま、この後この人達どうするんだろう、のまま)でいた方が良かったかなとも思います。


というわけでもう劇場公開ほとんど終わりかけてますが、もしも見られる方いらっしゃいましたら、前2作の詳しいネタバレ記事をネットで読まれてから行くことをお勧めします。


さて話は映画から離れますが、先日ランチしたノモカさんから、私のこのブログを読んでいると

「家族がとても仲良しな感じがする」

と言っていただき、別の友人きいちゃんからも、これを読んでると

「ふゆこさんとと主人が仲いい夫婦だなあ!と思う」

と言われました。

で、この話を主人にしたところ(主人は私がブログを書いていることは知ってますが見たことありませんし教えていません)、

「話を偽造してるな」

と言われてしまいました。

私嘘は書いてないんですけど・・。おかしいなあ・・。

というわけでうちは仲良し家族でもなく夫婦仲も別に良くなかったみたいです。すみません。すみませんてこともないですかね?



今日は神奈川は雨でしたが今ようやく晴れてきました。

そろそろ重い腰を上げて何か家事をしなければなりません。


酒にはまだ早い時間ですね。もう少し耐えましょう。
訪問ありがとうございます。
良い晩酌を。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「アンブレイカブル」 M・ナイト・シャマラン 監督


「アンブレイカブル」 M・ナイト・シャマラン 監督






大惨事となった列車事故でたった一人無傷で助かった生存者デヴィッドは一人息子と仲が覚めていそうな妻と暮らしていました。


そんなデヴィッドの車に、この事故の後で謎の手紙が置かれていました。

「あなたは過去何回病気になったことがあるか?」

というようなことが書かれたメモを読んだデヴィッドは妙に気になり、勤め先に

「自分は過去に何度病欠したか?」

と尋ね、妻にも

「最後に自分が病気したのはいつだっけ?思い出してくれ!」

と聞きます。

分かっていたことだろうけれど、今まで病気もケガもしていない自分のこの状態がとても気になるデヴィッドに先天性の骨の病気を持つイライジャという男が近づいてきます。

「自分は生まれつきすぐに骨が折れる病気で弱い身体だが、自分と対極の立場にいる強い不死身な人間がいるはずだ(それがお前だ)」と言い、デヴィッドにまとわりついてきます。

不死身な身体に加え、どうやら特殊な能力を持つことが判明したデヴィッドは今までの人生が変化していくかに見えました。

おおお!あんたってそうだったのかー・・・
というラストが待っていますが、そこまで衝撃でもないでしょうか。

ちなみにこのイライジャという男性はすぐ骨折してしまう為、子供の頃のあだなが「ミスター・ガラス」でした。



公開中の「ミスター・ガラス」、とても楽しみです!!

昨日行く予定にしていたのに行けなくなってしまい、上映終わらないうちになんとか行かねばなりません。

というわけで、「アンブレイカブル」、今更ですがお勧めです。面白い!!!



訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「SPLIT」 M・ナイト・シャマラン監督



「SPLIT」 M・ナイト・シャマラン 監督




私の大好きな大好きな映画、「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督です。

この度「ミスター・ガラス」を見たいので繋がりがあるそうなこの映画を鑑賞です。



女子高生3人が誘拐され、監禁される怖い!!話です。


簡単に誘拐されてしまった3人の美人達はどこか分からない地下室のような雰囲気の屋敷に監禁され、怖くて怯えまくっているのですが、誘拐犯の男が次に表れた時には女装していて更にビビります。

その次は無邪気な子供になっていたり。

女装でもなく子供のフリで遊んでいるわけでもないこの凶悪な犯人は多重人格者でした。23人の人格に頻繁に入れ替わります。



怖くてたまらない3人は、なんとか皆で力を合わせ脱走しようと試みます。

それぞれが知恵を絞り力を尽くし頑張りますがなかなか出口は見つけられません。

そんな中、犯人が外部から一人客を呼びこみます。
どうかこの人が中の3人と繋がってくれますように、逃げるきっかけになりますように、と願いました。

がんばれ3人!
と応援しながら観たわけですが、この犯人本当にめちゃくちゃ怖いです(カッコいい俳優ですけど)。
いつ別の人格になってしまうのか、というのもそうですし彼女たちを監禁している目的も真っ当なようだけど怖いです。

3人は無事逃げだせるのでしょうか。



怖かったー、、、けどとっても面白かったです!!
我が家の小さいサイズのPC画面で観ても相当怖かったので劇場で観たらさぞ怖かったことと思います。(観たかった!!)



そして順番は逆だったようですがこの前作である「アンブレイカブル」をこの後観ました。
又読んでいただけたら嬉しいです。


怖いの嫌いでなければおススメです。




怖いと言えば、、、

この映画とは一切関係ないですが、昨夜主人が深夜に悪夢にうなされ目が覚めてしまったそうです。
その時私に怒られながら起こされたそうで、

「なになに~?一体なんだっていうのよ!!」

って怒られてしまったんですって。

悪夢見た上に妻に怒られるなんて気の毒ですね。(もちろん私寝てるので意識ないですし反省もしてないです。)



皆さまは良い夢を♪
訪問ありがとうございます。
おやすみなさい。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

私の勝手な *2018年 映画ランキング*


こんにちは!!

さて、先日予告しました通り(そんなの誰も覚えてない)、

「2018年観た映画ベスト10!」

を書かせていただこうと思っていました。
が、チェックして見てみるとあまりに観たものが少ないので、これだと10位のものは全然面白くもないもの、ってことになりかねませんので「ベスト3」にしてみたいと思います。


しつこいですが、劇場で観たものが少ないのでテレビで観たものなんかもぜーーんぶ含めていきます!



昨年観た映画たちがこちらです。(ご興味ありましたらよかったら読んでやってくださいね。)





お家で観た編


百円の恋 (安藤サクラ)

二重生活(門脇麦)

彼女は嘘を愛しすぎてる(佐藤健)

22年目の告白ー私が殺人犯です(藤原竜也)

ミックス。(瑛太)

先生!、、、好きになってもいいですか?(健太郎)

きみはいい子(池脇千鶴)

フィッシュストーリー(多部未華子)

君の膵臓をたべたい(浜辺美波)

三度目の殺人(役所広司)





次に劇場で観た編、邦画

blank13(斎藤工)

去年の冬、きみと別れ(斎藤工)

となりの怪物くん(菅田将暉)

万引き家族(安藤サクラ)

カメラを止めるな!(無名)

寝ても覚めても(東出昌大)

億男(佐藤健)

鈴木家の嘘(加瀬亮)



劇場で観た編、洋画


スリー・ビルボード

君の名前で僕を呼んで

ボヘミアン・ラプソディ



なんと圧倒的に邦画が多いですね!私って邦画が好きなんでしょうか?ってそんな分析は要らないですね。


ではいきます。




第3位!


余命モノは大嫌いな私の心をも掴んでしまいましたこちらです。


君の膵臓をたべたい(浜辺美波)






第2位


金も時間も勿体ないのでリピート見はしたいと思わない私がリピート見したくなったこちら。

ボヘミアン・ラプソディ






そしてそして、第1位!



ただちょっと面白そうだから観てみるか・・と軽い気持ちで観たら私好みの話で大満足でした。
いくつになってもやっぱり恋愛映画が好きです!!

去年の冬、きみと別れ(斎藤工)



せっかくだからワースト1も考えてみました!!

ワースト1はこちら!

三度目の殺人(役所広司)

ワースト1なんて言うほどつまらなかったわけではないですが、一見面白い感じで見ごたえあり、「どーなるの?どーなるのー!?」と思わせて進むというのに
「は?」
という終わり方で不燃焼なモヤモヤした気持ちで楽しくありませんので選ばせていただきました。



というわけであっけなく終わらせていただきます。

ランクづけってこんな感じでしたっけ??
もっと皆さん何か意見書き添えたり感想とは違った又なんか気の利いた言葉を添えたりしてましたよね?


今年もたくさん良い映画が見られますように!!

そしてどうか

「金返せー!!こんな映画見せるなー!!どういうつもりで作ってんのー?誰がこんなの面白いっていうのー?」

って気持ちになるような映画に当たりませんように!!
(ちなみに昨年そこまで嫌な気持ちになった映画は一つもありません。)



さて今日は休肝日です。
どうやって今夜を乗りきりましょう?

訪問ありがとうございます。
また来てください!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

「ボヘミアン・ラプソディ」 ブライアン・シンガー 監督

「カメラを止めるな!」の時のように、いい加減観ないとマズいんじゃないか?という世の人気っぷりに流され、観るつもりは全くなかったコチラを観ました。



「ボヘミアン・ラプソディ」 ブライアン・シンガー 監督   ラミ・マレック  ルーシー・ボーイントン
2018年 アメリカ

ボヘラプ




面白かったー!!クイーンもフレディ・マーキュリーもろくに知らないからって敬遠しなくてよかった!!
観てよかった!!

満たされ感いっぱいです。
勇気を与えられたというとオーバーかもしれませんが前向きな気持ちにさせてくれます。


一番勧めてくれてた同僚に見終えてすぐ報告するつもりが、見終えたらそんな気分にすらならず。
しばらく余韻に浸りながら歩きました。店から聞こえてくるクリスマスソングも聞きたくない!全部クイーンにしてくれ!!と思ってしまうぐらい、染まれます。酔えます。今までちゃんと聴いたこともなかったくせに。

もっともっと聴いていたかった!!




今更なことですが・・
この映画はクイーンとそのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いている映画です。


フレディがボーカリストになるきっかけ、才能、どれもすごいです。こんな良くない容姿なのに歌を歌えばもうその歌声とパフォーマンスがカッコいいったらありません。

周りを振り回し迷惑をかけ勝手な事をしてもここまでの天才なら許されるのでしょう。
必要とされるって凄いことですね。

最後のライブシーン、泣けます。
ずっとずっと観ていたかったです。

エンドロールでまで楽しませてくれます。さすがにエンドロールでも劇場を出て行く人いませんでした。あのライブエイドのエキストラ、やりたかったなぁ・・。笑
アンコールありますように!と願ってしまいました。

曲も人もほぼ知らない私が観ても面白いので、曲を聴いていた方(現在も聴いている方)やクイーンが好きだった(現在も好きだ)、なんて人が観たらたまらないんじゃないでしょうか。

もっとも、クイーンの曲を未だかつて一度も聴いたことないって方はいないかもしれませんね。どっかしらで聴いたことありますよね。

音楽映画っていいですね!!
覚えている限りではこういうミュージシャンの半生モノは、ジャニス・ジョプリンの「ローズ」、エミネムの「8Mile」、チェット・ベイカーの「ブルーに生まれついて」ぐらいしか自分が見たものを思い出せませんがその中でも1番良かったです。

これは話題にならなかったら絶対に観なかった類の映画なので、周りが勧めてくれて感謝です。
リピートはしない私ですが、誰かが熱烈に見よう!と言ったら見てしまいそうなぐらい、もう一度あの歌の中に入り込みたくなります。

・・という話をまだ観ていないけど観たがっている同僚にしましたら、

「お客さん一緒に歌ってた?」

と聞かれ

「なんでよ?!歌うわけないじゃん!!」

と笑い飛ばしたところ、そういう上映の回があるんだそうですね。
たまたまその回に見ちゃったら嫌だったなぁ。笑

そんなわけで、私からもとってもオススメ映画です。
音楽には全く興味ない、好きじゃないって方以外は大丈夫だと思います!

映画も年内もう一本観たいところでしたが大満足なのでこれで締めます。


他のブロガーさんみたいに「今年見たTOP10」みたいの、真似してやろうと思います!近々・・


訪問ありがとうございます。

「今飲み始めた酒」とともにさようなら!

また来てください!!


一杯目のワイン
寒いので最近ビールを飲んでいません。いきなり、のワインをダラダラと・・



よろしくお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中2♂、小6♂、小4♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる