FC2ブログ

「LOVERS」 江國香織 谷村志穂 島村洋子 他著

「LOVERS」 江國香織 谷村志穂 島村洋子 他著





9人の著者の短編です。


・突然知り合って燃え上がったカップルはこうなりそうだな、という気がする、
「ほんものの白い鳩」 江國香織


・25歳上の男の人と自由気ままに付き合う女の子、
「横倒し厳禁」 川上弘美



・付き合っている彼がその友達の彼女に惚れているのを嫉妬する、
「キャメルのコートを私に」 谷村志穂


・不倫相手の男がガラスのペーパーウェイトを収集している意味を深読みする、
「ウェイト・オア・ノット」 安達千夏


・中学を卒業する際‘同窓会委員’になってしまった男女の元クラスメイトが会えそうでなかなか再会できない、
「七夕の春」 島村洋子


・バーテンの若く美しい男に惚れた堅い学校の女先生が恨みを晴らそうとする、
「聖セバスティアヌスの掌」 下川香苗


・中学の時の同級生の家を探す、
「水の匣」 倉本由布


・旅先で知り合った猫のような男の子が家に住み込んでくる、
「旅猫」 横森理香


・妻子のいる会社の上司と付き合い、今度こそはと薬指への指輪を待ち続ける、
「プラチナ・リング」 唯川恵


どれもまあまあ面白いですが、
「七夕の春」
「キャメルのコートを私に」
の2つが好きでした。


かる~く何処からでも読めますので短編お好きな方にはそこそこお勧めです。






さて、、、

うちの子たちの小学校では毎年小4の時に「二分の一成人式」みたいな類の「学習発表会」があります。

先日、末娘の発表会があり、我が子は音楽チームで「Lemon」を演奏しましたが結構ガチャガチャでお世辞にも上手いとは言えず。(ピアノ伴奏の子は光ってましたけど。笑)

そしてこの発表会では最後に学年全体で合唱をして終わるのですが歌った曲は「ひまわりの約束」でした。
事前にそう聞いていたので

「えー泣きそうだなあ。その歌だけで泣きそうだなあ」

なんて思っていました(何故か分からないですが私は子供たちの合唱とか群読に弱くて見ず知らずの子達のものでもウルウルしがちなので)。

で、娘達が全体で歌った「ひまわりの約束」、きれいでしたけど泣くどころか全然ウルッともきませんでした。
一体どうしたことでしょう。

というわけで感動はしなかった学習発表会ですが学年全部の子供達の成長が見られるので好きです。


帰宅した娘に「うまかったね」などありきたりな言葉をかけましたが娘は合唱で‘口パク’だったそうで・・。なんだよ口パクって・・。

「だって歌うの面倒臭いんだもん」だそうでなんともがっかりな娘でした。

小学生のうちは恥ずかしい顔になるぐらい一生懸命歌ってくれたらいいのにと残念でなりません。



またまた話は変わりますが私は昨日今日明日と3連休です。
朝洗濯ものを干していたら隣の奥さまに声かけられ、休みなのか聞かれたので、そうですと言ったら

「街へ出かけなさいよ!」

と言われました。
街ってどこなんだろう。駅前とかですかね??




訪問ありがとうございます。
あと少しで楽しい晩酌を!!
また来てください。
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村



テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

「アイネクライネナハトムジーク」 伊坂幸太郎 著


「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎 著





アイネクライネとは・・

米津さんじゃないですよ!モーツァルトの曲名だったのですね。恥ずかしながら知りませんでした。聞いてみたらだれでも聞いたことのある有名曲ですね。




6話から構成されており、それぞれ話は違いますが全部が連鎖しています。

どれも楽しいですが、個人的には3話目‘ドクメンタ’の免許センターでの免許更新時に出会う2人の話が面白かったです。

全体に話も面白いですし、あの時のあの子が成長してこの人になったのかと経過まで楽しめたり、ああこの人があの人だったのね、という繋がりがちょっと映画を見ているようです。・・と思ったら秋に映画公開だそうです。

私の大好きな多部未華子とどうしても好きになれない三浦春馬が主演のようです。観ませんが!


そして作者の「あとがき」を読んで知りましたが、この本は斉藤和義さんが作者である伊坂幸太郎さんに

「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので‘出会い’にあたる曲の歌詞を書いてくれないか」

と持ち掛けてきたのがきっかけでこの中の最初の2編はできたものなんだそうです。
ありそうでなさそうな出会い方をした二組の男女がステキです。

読みやすい文体と愛すべき登場人物たちの物語、とってもお勧めの本です!



さて、、やっと週末ですね。

今年も過ぎ去ったバレンタイン、娘のチョコとパート先の方が作ったチョコを
載せさせていただき、終わります・・。


友チョコ用のカップケーキとパイ生地で作ったクロワッサンコロネみたいなものです。(動画見て作ってました)

2019バレンタイン




お父さん用にはコロネの方だけを!
2019父用バレンタイン



そして・・、パート先の方が手作ったというオレンジピールのチョコがけです。
部の方みんなに、とこんなに可愛い箱に入れてきてくださり、

手作りピールチョコ



シールも可愛い

手作りピルチョコ2



そして中身はなんとも素晴らしい!!

手作りピルチョコ3

美味しかったです!!売ってるのより美味しい!!
こういう状態のピールが売られているんだそうです。
そこにきちんと温度を上げ下げして滑らかにしたチョコをかけるのですって!

来年やってみようかな・・・

ちなみにこのチョコを作った方は2年前に花火でお邪魔させていただいたおうちの奥さまです。
過去記事
まったくもってご夫婦揃ってオシャレです。


みなさま、彼女や奥さまや娘や勤め先の女子や知らない女などからいただいたチョコを楽しまれたでしょうか。

昔から思っていましたが、ホワイトデーなんてものがなかったらいいのに。

それがなければもっとあげる人増えますよね?(そんなことないですかね??)

男の人もお返しなんて考えないなら面倒臭くないしもっと嬉しいですよね。

お返しなど要らないです、のスタンスでいけたら気持ちよくて楽しいのに!


では楽しい日曜日を。
私は今日は休肝日なので楽しい夜ではありません。

訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

本当に決して官能小説とは知らなかった。

こんなタイトルつけてアダルトなとこから変なメッセージ?DM?がきたらどうしよう、、と思いつつ書きます。

その前に、今日のスタート酒はこちら。
オジサングラス

ちょっと体調が悪かったのでビールを飲む気にならずヒゲオジさんから始めました。炭酸水を買い忘れて水割りです。
今グラスがオマケでついてるようです。これで飲む時もオジサンを意識しながら飲めます♪

さて・・
読んだ本はこちら。

「なぜ泣くの」 小手鞠るい 著



・愛ある結婚
・なぜ泣くの
・三つの願い
・編み込まれてゆく私
・ラプソディー・イン・ブルー
・告白
・聖なる鏡


の7編からなる短編小説ですが、次々と登場人物や場所がリンクしているので読まれる時は順番通りに読んだ方が良いです。

愛し合って結婚しても必ずや幸せになれるとは限らないんだな、という当たり前だけど深く頷ける話 

‘愛ある結婚’
 
から始まり、うんうん、やっぱり面白いなーなんて読み進み、4話目の

‘編み込まれてゆく私’

で、ん?これって官能小説ではないのか?と思ったものの、いや違うかな、違ったらごめんなさい著者さん、と思い直し最後まで読んだところ、もう官能感いっぱいでした。

そして最後に小手鞠るいさんのあとがき読んだら、しっかり「官能小説です」って書かれてました。笑
というわけでまるで長い言い訳のようになってしまいましたが、官能小説を読んでしまいました。しまいました、ってこともないですけどね。偏見ないですよ!!

最後の2編はもう女・女・女しています。同性が好きな方には大変オススメかと思いますが、私は気持ちが分からないので違ったらすみません。


官能小説読んでみたいけど買いづらいしな~なんて思っている方ならこれはきっとバレずに買えますよ。ってそんな方いないですかね。すみません。


さて、この小説もまあまあ面白かったですが、過去に読みました小手鞠るいさんの恋愛小説は本当にお気に入りです。お勧めです。


よかったらレビューも読んでいただけたら嬉しいです。

          →永遠
          →美しい心臓



訪問ありがとうございます。
おやすみなさい♪(夕飯これからですけど)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

「時の罠」 辻村深月 万城目学 米澤穂信 湊かなえ 著 

こんばんは。

新生活が始まる4月。
我が家も長男が中学生になり下の子たちも小5、小3になりクラスや新担任にも慣れてきたかなという今日この頃です。

ランドセルも日々相当重そうでしたが、長男が中学になってリュックになり、その重さに改めて驚いています。

おもリュック

赤ちゃん2人分ぐらい?うちで買っている米5キロを2袋分です。
後ろにひっくり返らないことを願うばかりです。

そんな長男、小学校生活は最後の2年間は私と同じ視力0.1の裸眼でがんばってきました。
中学でついにメガネデビューしたのですが、メガネに依りますますマジメ君な顔になってしまい、主人は

「いかにもカツアゲの餌食になりそうな顔になっちゃってるけど大丈夫か?」

と失礼な心配をしています。笑
お金持ってないしカツアゲされないでね!がんばって!



さて、そんな新学期に相応しい小説です。



 「時の罠」 辻村深月 万城目学 米澤穂信 湊かなえ 著




4人の作家さんの話から成る短編です。



「タイムカプセルの八年」 辻村深月 

大学で講師をしている父と息子の幸臣はいつの頃からかぎくしゃくした関係になっています。
今日はそんな幸臣の初出勤。
子供の頃からの夢だった教師になった幸臣の勤め先には小学校の時の恩師、比留間先生がいるらしい・・

父親らしいことをしてこなかった父ですが、比留間先生には色々思うところがあり。

父目線でその8年を振り返ります。



「トシ&シュン」 万城目学

初めてお目にかかる、初めて読んだ万城目学さんです。

最初は誰が誰と話しているのか分からず、神社なので神様なのか生き物なのか?なんだろうと思いながら読み進めました。
あまり面白くないなあ、と思って読んでいたのですが、設定がはっきり分かってくると面白くなり、最後の方にはうるうるきました。

この著者さんの恋愛小説があったら読みたいな、と思いました。



「下津山縁起」 米澤穂信

これ、読めませんでした。ちょっと最初のページから意味が分からず私の頭では理解できないのでやめました。

  

「長井優介へ」 湊かなえ

耳が悪い長井優介は、人の言ったことに対して、すぐではなく3秒経ってからでないと返事ができません。
そのため、お高くとまっていると思われたり、返事が遅いから全然乗り気じゃないんだなと思われたりで誤解され続けて生きてきました。

そしてこのことが原因で友達にも誤解され、小学校で酷いいじめに遭います。
卒業するころにはついに耳が聞こえなくなってしまいました。

そんな中、冷たい担任や冷たいクラスメイト達と埋めたタイムカプセル。自分の宝物を入れました。

時が経ち15年後、優介のもとに
「タイムカプセルを開けよう」
という案内状がかつてのクラスメイトから届きます。

自分をいじめ抜いた酷い友達と会うのは嫌ですが、そのタイムカプセルの中身をどうしても必要な優介は電車で故郷へ向かいます。

その電車内で話は始まり、電車内で終わります。

辛い苦しい気持ちで故郷へ向かう優介でしたが、最後にはその気持ちが変わっていきます。


さすが湊かなえさん。
これは一番面白かったです。


「時」を感じさせるステキな4話(一つは読んでないので不明)、お勧めです。




訪問ありがとうございます。
良い週末を!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

「それは秘密の」 乃南アサ 著


つねづね、電車内やホームで飲み食いしている大人(学生ではなくて大人)を見るにつけ

‘恥ずかしくないのかなあ’

と思っている私ですが、今日は自分がホームで昼飯を食べてしまいました。

ホームでご飯

人っけのない田舎駅(一応神奈川県ですが)とはいえ、ホームで食べるってやっぱり恥ずかしいですね。旅先ならともかく。誰かと一緒ならともかく。

時間がない時にやむを得ずみなさまそうなってるのですね。
電車内で毎日食べてる人たち(←さすがにそんな人いないでしょうかね?)今までごめんなさい。

でももう私はホームで食べないと思います。



さて、近頃読んだ短編です。

「それは秘密の」 乃南アサ 著




ハズレない乃南アサの短編です。



・若くない妻がいつまでも美を追い求める理由は・・
「ハズバンズ」

・女の人が恋人を部屋に呼ばない理由が面白い、とっても可愛い女心(?)の
「ピンポン」

・女子には興味ない小6の男の子が恋人(一応)のお家で勉強するたびに何かに目覚め、挙句の果てに酷い目に遭う
「僕が受験に成功したわけ」

・電車で彼氏とベタベタしているところを見られてしまったその相手は・・
「内緒」

・誰もいない部屋から毎晩夫がいない時に妙な音がするけれど夫は話を聞いてくれない
「アンバランス」

・盲目の男性との一時の出会い
「早朝の散歩」

・昔「人を好きになるのはもうこれが最初で最後」と誓っていた不満ばかりの女性の行く末は・・
「キープ」

・お互いに大好きな夫婦の思いがすれ違う
「三年目」

・ある夜、酷い土砂崩れで遭難しかけた男性と横転した路線バスの乗客だった女性が泥まみれの顔で出会い一夜を過ごす
「それは秘密の」


以上9編の短編です。


ホラーなのかな、と読み進めた「アンバランス」と、最悪な状況なのに幻想的な一夜を見知らぬ人と過ごすことになった「それは秘密の」が特に面白いです。


どれも別に心に残るものではありませんが普通にお勧めです♪



さて、早く酒が飲みたいです。

今日飲む酒はこちら。

ゴクハイナイン


美味しそうですね!!


訪問ありがとうございます。
良い週末を!
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
今日飲んだ酒ではなく今日飲む酒ですが必ずや飲みますのでよろしくお願いします。)



テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる