FC2ブログ

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 ママチャリ 著


「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 ママチャリ 著




中3の長男が学校の図書室で借りてきた本です。

ほとんど交流のない長男が私の前に

「これ面白いよ」

と置いて去っていったので、

せっかくだからパラパラしてみるか・・

と読み始めました。

横書き、ブログ調の文体で読みやすいです(息子に依ると実際ブログ記事から発生した本だそうな)。

アホらしい内容をなんとなくツラツラ読み進め、あっというまに1巻読了。
2巻も借りているとのことでそのまま借りて読みました。

どこかの田舎町に住む著者‘ママチャリ’(ママチャリで通学するヤンチャな男子高校生)と周りの不良たちが行う悪行に対してその町の駐在所に勤務する駐在さんが行う仕返し、の連続が描かれています。

同級生が原付のスピード違反で捕まったのをきっかけに、自転車で制限速度を超えたら捕まるのか、という実験を駐在さんの前で大勢でしたり、使用済みのように加工した女性用下着を駐在所に置いて高校の女性の先生を出向かせたり、といったような、ほんっとにこいつらバカだなー・・・と思うようなイタズラをたくさんします。

くっだらない下ネタ満載で、これを私に

「面白いよ」

と勧める息子も息子ですが、こんなの好きそうと勧められる母の私もどうなんでしょう。

そして2巻では花火泥棒までしてしまうのですが(万引きとかではなく、打ち上げ花火の花火玉などを盗む)、規模がデカすぎるこのイタズラというか悪行の章は涙なくして見られません。

不良の塊みたいなこの高校生集団ですが根がとてもいいのです。
それが分かるから駐在さんもイタズラ返しをしたり、と楽しく付き合っているのだと思われます。

大変美人な妻がいるこの駐在さんは、「駐在!」と皆から呼び捨てにされ、とてもオジサン風に描かれていますが多分20代かせいぜいアラサーぐらいの若めのおまわりさんです。

実話として読んでいますがおそらくかなり脚色していそうです。(面白いセリフのやりとりが詳細なのでこれは後から作っているのではないかと)

そしてきっと著者は私より更に上の方ではないかと。

こんなに盛りだくさんな楽しい高校生活を送っていたらそりゃ書いてお披露目したくもなるでしょうね!!


中高生ぐらいのお子様がいらっしゃる方はもしも図書室にあったら親子で回し読みをお勧めします。

ただただ面白いです。



さて、
こんなキラキラした日々を過ごしたことのない自分の日常の話に変わりますが、前回私は新しいGパンを買った、って書いたんですが、買う際に店員さんが実際の私のサイズより2サイズほど小さいものを勧めてきた(なので実際より自分は細く見えるのだ)という件、その後の周りの方たちへの調べで違っていたことが分かりました。

Gパン買う時って店員さんは客の見た目より小さめのを勧めてくるもののようです。

そりゃそうですね、商売ですものね。客をいい気持ちにさせたもの勝ちですよね。



それから・・、気持ちが沈んでいるのは変わらないですが今回紹介しましたこの本を読んで結構楽しくなったのと、友人シンディと会って他愛ない話が楽しかったり、ブロ友ミコリーさんのアドバイスに従ってセルフケア(って何するんだ?って調べてみました。自分が楽しいことならなんでもいいのかも)をやってみたりで少しずつ普通になれそうです。

職場でそのうち、

「どうしたら又楽しい気持ちで仕事できるようになります?」

って上の方に聞いてみようとも思っています。(困ったおばちゃんパートですね)


明日は珍しくちょっとだけ運動しに行ってきます。(ああ早くボクシングやりたいです)

休肝日もかれこれ何週間?作っていないのでしょう。
近いうちに頑張ります!!
私のように休肝日をなかなか作れない方も頑張ってください!(←人に言ってる場合でもない)


今日もダラダラした記事に訪問ありがとうございます。

またきてくださいね。

おやすみなさい。
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村






テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

「ただいまのうた」 ふじもとゆうき 著


マンガです♪
友人ミリリーが
「面白いから読んで!」
と7巻まで一気に貸してくれました。



ただいまのうた」 ふじもとゆうき 著



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



9歳の女の子、花寺向日葵(はなでら ひまわり)は3人の優しい兄たち、可愛い弟、愛に溢れた美男美女の両親と暮らしていました。

幸せを絵に描いたような、若干ムシズが走りそうなぐらいの仲良し家族のお話か・・・、ちょっと好みじゃないかなー

なんて思いながらももう少し読み進めますと、突然両親が事故で亡くなります。



それから6年後。
高校生になった向日葵とその兄弟たちで本編が始まります。

個性が豊かすぎる兄たちと、弱虫な弟、そして家族の為に料理を欠かさず作り、その腕はプロ級になっている向日葵。
涙あり、笑いありの日常がとっっても面白いです。


うちでは、私がなかなか読み始めなかったので小6の長男と次男が先に読んでしまい、気に入って何度か読み返しております。

子供が見てはまずいところはないのですが、‘サンタクロースは親だよ’的な箇所が出てくるので信じている子供さんには見せない方がいいです。

主人公の向日葵も、恋する相手の男の子なんかもなかなかステキなキャラで絵も好みです。それにちょくちょく入るツッコミが笑えます。

ブックオフなどで見かけたら全巻買いをお勧めします。



さて、今日の美味しいスタート酒はこれです。

zwrojita.jpg

人工甘味料入ってなくて美味しいです♡♡


美味しいといえばもう一つ美味しいものが。

今日娘とマックに立ち寄りました。
娘はバニラのシェイクを、私はアイスコーヒーをブラックで飲んでいまして時々交換しながら飲んでいたのですが、両方をいっぺんに口に入れたらとてもウマイ!ということに娘が気づき、私も試したのですがほんとにとても美味しかったです♪

makkudaburu.jpg

ただシェイクにはコーヒーより吸引力が必要なのでうまく同時には吸いづらいです。



ってなんだかもの凄くくだらないことを書いているな、と今ハッとしました。
すみません。


訪問ありがとうございます。
おやすみなさい!

にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村






テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

「保育園義務教育化」 古市憲寿 著


「保育園義務教育化」 古市憲寿 著






叩かれてばかりの印象の古市さんですが、私は好きです。

こちらの本、店頭で目にし
‘またまたこの人は何言ってんだろう’とそのタイトルに非現実さを感じたのですが惹かれてしまいパラパラと。

序章の、
「お母さん」が「人間」だって気づいてますか?
を読んだところで涙腺が緩みそうだったので立ち読みを止めて買いました。

こんな本を、うちの子達が赤ちゃんだったころに読みたかったです。

子供がまだまだ小さい時には私の両親も主人も、

保育園に入れてまで働かない方がいい、
小さいうちは子供のそばにいなさい、

と言われ悶々としていたし、
3人連れて歩けば道行く近所の方々に

今が一番可愛いわよ~。あっという間だからね。大変だろうけど今を楽しみなさい

と言われても辛い事は変わらず(笑。でも声かけてくれる優しいおばあちゃま達に感謝!)、あの頃にこんな本に出会えていたらなあ、と思います(去年刊行なので当時は存在していませんでしたが)。

子育ての暗い辛い部分がたくさん載っていた金原ひとみさんの「マザーズ」は前に読みかけたのですが、あまりに重くて暗くて読み続けられませんでした。

この本も、読んだからといって解決はしませんが、こうしたら良くなるのに!!という著者が本気で思ってくれていそうな提案が書かれていて希望が見えます。


人から嫌われてもズバズバ思ったことを書いてしまっている古市さんは気持ちいいです。



うちにはもう未就学児はいませんが、いつかこんなふうに母子に温かい世界がやってくるといいのになと願います。



赤ちゃんといつも一緒にいられて幸せ!!辛くても育児すべてが楽しい!!
という方は反感持ってしまうかもしれませんが、行き詰っていてつらいなと思っている方にならお勧めしたいです。





訪問ありがとうございます。
おやすみなさい♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

マンガ「忘れられない」 谷川史子


「忘れられない」 谷川史子





昨日書きました湯の蔵ガーデンという風呂屋で読んだマンガです。

生徒諸君、花より男子、、など懐かしくて惹かれるものがたくさんあったのですが、巻数が多い物は中途半端になって続きが読みたくて仕方なくなるといけないので、読み切りのものを選んでみました。

名前も初耳で初めて読んだ谷川史子さん著。
表紙も好みのタイプの女の人ですし(※わたくしゲイではありません)、タイトルもなんとなく切なそうでこれをチョイス。



表題作の「忘れられない」が大半を占めています。



忘れ 目次


主人公の女子の母が、急に家を出てしまうところから始まります。
急とはいっても、毎年、年に一度だけ何日間か外泊する母でお父さんはその訳や行先を知っているのですが主人公の娘は知りません。
訳を知っているのに不安そうな父の顔、本当に帰ってくるのか、という自分にとっての不安から、母に対する不信感もだんだんつのっていきます。


主人公は、元彼氏に話を聞いてもらいながら、最後には母の秘密を知ります。


ドラマなどでありがちそうな読める展開ではありますが、ところどころの細かいセリフなどが良かったです。



他、ショートショートの話が3編あります。(告白物語、というのは作者のつぶやきっぽい1ページのものだったので読まず。)


読むの速い方でしたら、サーーーーッと読めます。

面白かったです♪





さて私は禁酒の中、昨年テレビ録画していた「思い出のマーニー」をあと少しなので観るつもりです。

みなさまは楽しい晩酌を!!またはおやすみなさい☆




訪問ありがとうございます♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ「海街diary」 吉田秋生


映画公開されて、そろそろ終わりそうな「海街diary」の原作漫画です。


IMG_2209.jpg

一冊にひとつ、コースターがついていました(1巻には入っていませんでした)。

IMG_2211.jpg

鎌倉を舞台にしている、四姉妹の話、ぐらいしか情報を知りませんでしたが、店頭で見て絵も可愛くて好みだったので購入。


       

山形に住む中学生の‘すず’は、亡くなった父の葬式で初めて異母姉妹と対面します。
異母姉妹3人はすずに「鎌倉で一緒に住もう」と誘い、すずは一人で鎌倉の姉たちの元へ行きます。

サッカーの上手かったすずは鎌倉でもチームに入り、皆から実力を認められます。サッカーチームの仲間や姉たちともすぐに仲良くなったすずは楽しく暮らし始めます。

ナースをしているしっかり者の長女、
狙った獲物は必ず落とす愛の狩人であり信用金庫で働く二女、
スポーツ屋の店員をしている個性的な三女、
この優しく温かい3人に囲まれ守られ、すずは成長していきます。
主人公はほぼ‘すず’です。


      


ただの爽やかな話なのかと思いましたが違いました。
病気になる友人がいたり、近しい人が亡くなったり、とヘビーな内容も出てきます。
そんな時に長女や次女やチームの子の言うセリフがとても良く、胸に刺さります。
考えさせられ、泣かされます。

絵の雰囲気もとても好きだし内容も面白いし、濃くて心に残ります。

6巻までで完結しているのかと思ってまとめ買いしてしまいましたがまだ続いています。(早く読みたい!!)

映画も観たかったですけど、原作が思ったよりずっと面白かったので映画は観るの止めます。


 

訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

プロフィール

ふゆこ

Author:ふゆこ
3児(中3♂、中1♂、小5♀)と夫と暮らしています。

出身は東京、結婚してからは神奈川在住。

お酒、映画、本、が大好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる